不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【世界遺産満載】勇者は冒険の旅に出た!ドラクエっぽいフランスの風景

男の子の憧れと言えば今も昔も勇者。
近年、ゲームはより臨場感を増しVR技術を駆使した仮想現実ゲームが一般化するまでにそれほど時間はかからないだろう。

ゲームをやりながら、いつか自分もこんな夢のような世界を冒険してみたいと思った事は誰でも一度くらいはあるだろう。今回は現実世界にあるドラクエっぽい場所をフランスのみに焦点を当てて集めてみました。童心に帰って冒険者にでもなったつもりで楽しんでください。

 

ファンタジックな雰囲気が素敵なアルザス地方

f:id:reni99:20190611135524j:plain

まずは勇者住んでそうな最初の村。
アルザス地方はフランス中東部に位置するのどかな田舎。パリやリヨンに比べると知名度でやや劣るが、ファンタジー好きにはアルザス地方は身近な場所。

f:id:reni99:20190611135622j:plain

アルザスの街並みは「ハウルの動く城」「美女と野獣」「ご注文はうさぎですか?」など名だたるアニメのモデルとなっている。

永遠の都 パリ

f:id:reni99:20190611135742j:plain

アルザスの町を旅立った勇者が次に向かったのは永遠の都パリ。
パリで特にドラクエっぽい建築物と言えばベルサイユ宮殿だろう。時に悲劇の舞台となったベルサイユ宮殿は美しさ以外にも歴史の重みを感じてしまう。

f:id:reni99:20190611135759j:plain

シンメトリーを取り入れたベルサイユ宮殿は圧巻の美しさ。今にもマリー・アントワネットがふらりと現れそう。

f:id:reni99:20190611140007j:plain

続いて凱旋門。実際に凱旋門が登場するのはファイナルファンタジーだが、ドラクエっぽい雰囲気も十分にある。

f:id:reni99:20190611140112j:plain

セーヌ川の水面に映るパリの街並みは壮大なオペラのよう。見ているだけで心がワクワクしてしまう。さあ、次は奇跡の泉へと向かおう。

聖母マリアの奇跡!ルルドの泉

f:id:reni99:20190611140429j:plain

聖母マリアの奇跡を今に伝えるルルドの泉。
難病が完治したという奇跡以外にも聖母マリアの姿を見たという報告が現在も続いており、世界有数の巡礼地となっている。
聖なる泉と聞くと、ゲームの世界のようでワクワクしてしまう。

西洋の奇跡 モン・サン・ミッシェル

f:id:reni99:20190611140550j:plain

モン・サン・ミッシェルは、当時の聖職者が大天使ミカエルのお告げに従い708年に初めて聖堂が建設されて以来増改築を繰り返し現在のような姿となった。古い時代からキリスト教の重要な巡礼地であると同時にその美しさは世界に知られており、西洋の奇跡と称される。

f:id:reni99:20190611140636j:plain

1979年には世界遺産に登録されフランスを代表する観光地としても名高い。
小さな島にゴシック様式の建築物がいくつも並ぶ様はファンタジーの世界そのもの。

月の港 ボルドー

f:id:reni99:20190611140749j:plain

ブルゴーニュやシャンパーニュと並びボルドーはワインの一大産地。ワインにあまり興味のない人でもボルドーの名は一度くらいは聞いたことがあるでしょう。

f:id:reni99:20190611140822j:plain

ワイン以外でもボルドーは観光地として有名で、三日月形に湾曲した美しい街並みは「月の港」と称される。ボルドー歴史地区全体が世界遺産登録されており、そのファンタジックな美しさは世界中の人々に認知されている。

屈強なる要塞 カルカソンヌ城塞都市

f:id:reni99:20190611140918j:plain

ファンタジーツアーの最終目的地はカルカソンヌ城塞都市。
ドラクエ3のロマリアやエジンベアと言った屈強な都市国家に似た雰囲気があり、まるで本当にドラクエの世界に迷い込んでしまったような感じてしまう。

f:id:reni99:20190611140947j:plain

いくつもの尖塔がそびえる要塞はまさにファンタジーの世界そのもの。

f:id:reni99:20190611141028j:plain

要塞の入り口である橋を眺めていると勇者がお供の戦士や賢者を連れてふらりと現れそう。

合わせて読みたい記事

 

記事の最後に紹介したカルカソンヌ城塞都市について詳しくまとめている姉妹ブログの記事。

完璧なドラクエの世界!フランスの世界遺産カルカソンヌ城塞都市

 

ヘミングウェイやピカソと言った名だたる芸術家が通ったパリのカフェ、Café de Flore (カフェ・ドゥ・フロール)について魅力を紹介しています。

パリにたたずむ老舗カフェ、ピカソやヘミングウェイが愛したCafé de Flore (カフェ・ドゥ・フロール)

 

フランス各地に存在する死者の塔。

なぜ墓地の付近にこのような塔が建てられたのかは分かっていないが、死に対する概念はある程度世界共通であるという事が良くわかる。

フランスの墓地に建てられた死者の塔