不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

続編への伏線か?未だに明かされていない謎が残る名作漫画やアニメ5選

日本の重要文化であるアニメや漫画。
意図的にある程度の謎を残し次回作への伏線とする手法は古い時代から取り入れられているが、完結から何年も経過しているのに未だ公式は発表は一切なく謎となっているキャラクターなども多い。
今回はジャンルや完結、未完結に関係なく未だにわかっていないアニメや漫画の謎を集めてみました。

 

 

ご注文はうさぎですか? なぜ初代はティッピーになったのか

f:id:reni99:20190527125335j:plain

主人公のココアを主軸に楽しい人間模様が描かれる大人気ほのぼの系アニメのご注文はうさぎですか?こと、ごちうさ。
そんなごちうさの全話に登場するのが、しゃべる謎のうさぎのティッピー。

ティッピーの正体はチノの祖父である初代マスター事は早い段階から明かされており、ラビットハウスの現マスターであるタカヒロもティッピーの事を「おやじ」と呼ぶので初代マスターである事は間違いない。

謎は、なぜ初代がうさぎにになってしまったのか。
劇中では初代は他界した事になっており、初代が生きている当時はティッピーはただの丸いうさぎであった。
初代の魂がティッピーに乗り移った、初代の死と同時にティッピーも死んだが同化して現世に舞い戻ったなど色々議論されているが今のところ不明である。

メリー・ポピンズ メリーの正体

f:id:reni99:20190527125634j:plain

画像出典:メリー・ポピンズ リターンズ|ディズニー公式

ミュージカル映画の最高峰としてその名を知られるメリー・ポピンズ。
50年以上前の作品だが2019年にリターンズをやったので若い人でも知っている人が多いでしょう。容姿端麗、頭脳明晰のスーパーナニーで魔法も使える不思議な人物として描かれている。
メリーポピンズリターンズではかつての教え子、マイケル・バンクスの前に現れた際「君は年を取らないのか」と仰天したのに対して「女性に年を聞くとは、教育を間違えたかしらね」と不快感を表した。

メリー・ポピンズは雲の上に住んでいるという事は何となく語られているが、彼女が何者なのかについては一切不明となっている。

名探偵コナン 黒の組織の「あの方」

f:id:reni99:20190527130150j:plain

黒の組織のボスである「あの方」は烏丸蓮耶であることが判明したが、大きく謎が残る。烏丸蓮耶は「集められた名探偵!工藤新一vs怪盗キッド」で名前のみ登場する人物。烏丸蓮耶について分かっている事は下記の3点のみ。

・大富豪
・40年前に死去している事
・烏丸蓮耶の紋章は不気味なカラス

烏丸蓮耶が生存していたとすると、現在は140歳を超えるため生きていると考えるのは難しい。そのため烏丸蓮耶とは何者なのかが大きな謎となっている。

余談だが、黒の組織はコナンやシェリーの正体に気が付いたメンバーを次々粛清してしまったジンの無能さゆえ、未だに2人の正体に行きついていない。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイの生死

f:id:reni99:20190527130510j:plain

画像出典:NAVER まとめ

勇者ダイは大魔王バーンに勝利し地上に帰還するが、黒のコアを起動したキルバーンの爆発を防ぐため自ら犠牲となった。最終話ではロン・ベルクからダイの剣の宝玉が光り輝いている事を証拠(ダイが死ねば宝玉も光を失うらしい)にダイが生きている事を告げられる。その後も結局ダイは生死不明のまま終わっている。

ダイの大冒険は大魔王バーン打倒後、竜騎将となり、空戦騎クロコダイン、陸戦騎ラーハルト、そして海戦騎、新登場キャラの3名を配下として新竜騎衆を結成し魔界で戦う「魔界編」を予定していたが続編を連載することなく今に至っている。結果、勇者ダイの行方は完全に不明のままとなっている。

冒険王ビィト 魔人とダークネスアイズの正体

f:id:reni99:20190527135617j:plain

画像出典:Neowing

ダイの大冒険と同じく三条陸と稲田浩司のコンビで連載し人気を博した冒険王ビィト。ダイの大冒険のファンを始めとする大人世代から現役小中学生まで幅広いファンに支持されていたのだが、原作者の体調不良により長期休載。休載から10年後の2016年に連載を再開し、天空王バロン編を完結させ再び休載に入った。

人間たちの敵である魔人(ヴァンデル)とは何であるのかは、魔人側も理解しておらず魔人博士ノアは「なぜ魔人はこうも多種多様なのか?魔人とは何だ?」とつぶやいている。
魔人は魔賓館の地下にいる謎の存在「ダークネスアイズ」が生み出したものと予測され、シャギーが「我らが神、偉大なる創造主」と呼んでいる。

原作者である稲田浩司の体調については今現在も語られることはなく、冒険王ビィトも再開の見通しが立っていない。

なお、三条陸は冒険王ビィトの脚本を書き上げている事が判明しているので作画交代で連載を再開するか、小説として完結するかなど、今後動きがある可能性もある。