不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

世界各国の悪魔の王10選!伝説に語られる魔王の名前と特徴を完全網羅

光あるところには影がる。
陰陽がはっきりと描かれている道教をはじめ、世界中で信仰されている宗教には神々や天使、精霊と言った「光」の存在とそれに対峙する邪神、悪魔、悪霊などの「闇」の存在が描かれている。

闇の存在の中でも特に恐れられているのが悪魔であり、その悪魔の王たる魔王は畏怖の対象として恐れられてきました。今回は、そんな魔王と呼ばれている恐怖の存在を、国や宗教思想に関係なく集めて一覧にしてみました。

 

魔王の名前とその一覧

世界一有名な魔王 ルシファー

f:id:reni99:20190404123419j:plain

魔王といえば真っ先にルシファーの名が上がるのではないでしょうか?
ルシファーはサタンの別名であり、同一視されている。

悪魔の帝王と言うイメージが強いためルシファーは元々悪魔だったと思われがちだが、元は最上位の天使である熾天使であった。しかし、神々への対立を起こし堕天使となり展開を追放される。

堕天使となった後も熾天使時代から持っていた有り余る力をバックに魔界で頭角を現しついには全ての悪魔の頂点に君臨する魔王の座に就き現在に至っている。

ベルゼブブ

f:id:reni99:20190404123523j:plain

旧約聖書に登場する歴史の長い悪魔。
ベルゼブブという名はヘブライ語で「ハエの王」という意味。キリスト教以外にも、ユダヤ教においても魔王として名前があがり、暗黒魔界ではルシファーに次ぐ権力を持ち、その恐ろしさではルシファーを上回る。

また、ベルゼブブは魔王としての恐ろしさが強調されがちだが、人間に対しては比較的温厚である場合が多く、ハエを統率する王としての力を人間に授け、作物を荒らすハエの害から農民を救うこともある。

アスタロト

f:id:reni99:20190404123613j:plain

アスタロトはルシファー、ベルゼブブと並び3魔王と呼ばれており知名度も高い。
その容姿は漆黒の翼をもった天使の姿をしており、ドラゴンに乗って現れるといういかにも悪魔と言う風体をしている。

「ソロモン王の鍵」によると、アスタロトは悪魔の大公爵であり40の軍団を率いる大悪魔とされている。

ハデス

f:id:reni99:20190404123808j:plain

ディズニー映画「ヘラクレス」に登場するのでルシファーと並び知名度の高い魔王として知られるハデス。
新約聖書やローマ神話にもハデスの名は登場するが、ハデスはギリシア神話における冥界の神であり、ゼウスやポセイドンに次ぐ戦闘能力を持っている。

バエル

f:id:reni99:20190404123911j:plain

禁書「ゴエティア」に記載されているソロモン72柱の悪魔の王。
東方を支配し、66もの軍団を支配下に持つ魔王で、猫やカエル、時には人間の王など様々な姿で現れるとされている。
人間に対しては知恵を授ける事もあり、召喚魔術においては、隠された真実を知るために呼び出すとバエルの力を借りることが出来るとされている。
余談だが、機動戦士ガンダム、鉄血のオルフェンズに登場するガンダムバエルは魔王バエルから名前を取ったものである。

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

f:id:reni99:20190404124006j:plain

日本の魔王として君臨した八岐大蛇は古事記と日本書紀に登場する伝説の魔王。
頭と尾が8本ある巨大な竜であり、その容姿は西洋のヒドラに近い。
人間を食べる怪物とされ、恐れられていたがスサノオノミコトと対決し敗れる。その時、八岐大蛇から切り落とした尻尾の中に一振りの太刀があった。その太刀を天照御大神に献上し、草薙の剣が生まれた。

草薙の剣はニカサノマガタマ、ヤタノカガミと並び日本を守護する三種の神器の1つであり、天皇家の力の象徴である。

イブリース

f:id:reni99:20190404124127j:plain

イブリースはイスラム教における悪魔の王であり、キリスト教の魔王サタンに相当する。元は神々に仕える天使であったが、イスラム教の神であるアラーに反逆した事で堕天使となり現在に至っている。

アスモデウス

f:id:reni99:20190404124214p:plain

アスモデウスはユダヤ教とキリスト教における悪魔であり、旧約聖書にその名前が登場する。
72の軍団を支配下に持ち、その容姿は右に牡牛、ちゅおうに人間の王、左に羊の3つの頭を持ち黒い翼を持つ。恐ろしい形相とは裏腹に非常に博識であり、敬意を持って接すれば天文学などの知識を人間に授けると言われている。

 

パイモン

f:id:reni99:20190404124310j:plain

パイモンはヨーロッパ伝承の魔王であり、ゴエティアやホノリウスの書、悪魔の偽王国など様々な魔術書にその名前が登場する。人間の前に現れる際は王冠を被った中世的な男性の姿を取りラクダに乗っている。人間に対しては協力的であり、希望すれば自信が持つ広い知識を教えてくれる。また、神秘学者としての一面もあり水や風、大地の成り立ちなどについても詳しい。

アブラメリンの神聖魔術の中にもパイモンの名前は登場し、翻訳者であるマグレガー・メイザースに非常に力を持った魔王の一人であると語られている。

ウァサゴ

f:id:reni99:20190404124547j:plain

ソロモン王の鍵に登場する地獄の君主であり、26の軍団を率いる魔王。
容姿についての記載はなく一切不明とされている。また、パイモンやアスモデウスと並び博識でありあらゆることに非常に詳しい。

なお、機動新世紀ガンダムXに登場するガンダムヴァサーゴは魔王ウァサゴに由来すると言われている。

魔王まとめ

今回は国や地域に関係なく、10体の魔王を紹介してきました。
冒頭でも説明した通り、すべての宗教や思想、哲学には光あるところに影がある。世界中に神々や英雄が存在する傍ら、闇の存在がいる事を忘れてはいけません。光と闇のバランスを保つ事こそが宗教の原点であり、人類の命題とも言える。

また、勇者や英雄と同じく魔王はRPGやファンタジーアニメには欠かす事の出来ない存在であり、魔王と言う響きのかっこよさから時には知名度で神々をも上回る事もある。知識としてちょっと知っておくと後に役に立つかもしれませんね。

合わせて読みたい不思議なびの記事

 

アブラメリンの神聖魔術の翻訳者にして黄金の夜明け団首領、マクレガー・メイザースの英雄伝。

秘密結社を率いた伝説の魔術師、マクレガー・メイザースの軌跡とその生涯 - 不思議なび

知名度では地球の歴史史上最高の魔術師、アレイスター・クロウリーについての詳細な英雄伝。クロウリーの教えから後の影響力まで余すこと頃なく解説しています。

地球の歴史史上最も有名な大魔法使い 魔術師アレイスター・クロウリー - 不思議なび

ドラゴンボール超でおなじみの破壊神についての記事。破壊と再生という概念についても触れています。

ビルス様は実在する?神話に語られる破壊神 - 不思議なび