不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

超絶洒落怖写真!心霊スポットとして恐れられた恐怖の廃料亭

宮城県仙台市泉区。

仙台の中心部から地下鉄で30分前後の閑静な住宅地に心霊スポットとして恐れられてきた廃墟が存在します。宮城県では有名な八木山橋と山形県との県境にある旧トンネルと並び三大心霊スポットとして恐れられたこの場所だが、現在は完全に解体されている。

今回は、解体前の廃料亭「山里菜」探索の記録です。

 

 

巨大廃料亭「山里菜」 外観から入り口まで 

f:id:reni99:20190208132206j:plain

廃墟となりかなりの年月が経過しているため草木が伸び放題。有名心霊スポットなのでたくさんの人が肝試しや廃墟探索に訪れたせいか、内部はかなり荒れている。

f:id:reni99:20190208132512j:plain

この廃料亭は住宅街の中にあるので周囲は静まり返っている。その静かさが逆に恐怖感を演出する。

f:id:reni99:20190208132636j:plain

入り口から中に入ると受付がある。

内部は徹底的に物色され、趣味の悪い落書きが目立つ。

f:id:reni99:20190208132726j:plain

奥の事務所は足の踏み場もないほど物色されている。

ここを訪れる人は3種類で、1つめは管理人のような廃墟マニア、2つめは心霊スポットを巡る肝試し、3つめは迷彩服に身を包みライフルを担いだサバイバルゲーム愛好家。この中で、個人的に一番困るのはサバゲー。モデルガンとはいえBB弾が建物にあたると多少なりとも損傷するし、何よりBB弾がそこらじゅうに散らばってしまい汚い。

不気味に続く廊下と客室

f:id:reni99:20190208133334j:plain

思った以上に廊下は長く、大広間や個室に繋がっている。

廊下には未使用のレシートが散乱しており、BB弾の跡が見られる。恐らくサバゲーに使ったのだろう。廃墟マニア側としての意見になるが、廃墟をあまり汚さないで欲しいものである。

f:id:reni99:20190208133534j:plain

個室は比較的綺麗に残っている。廃墟になる前はここで豪華な料理が毎日振る舞われたのだろう・・・。

f:id:reni99:20190208133657j:plain

こちらは大広間。色々なものが散乱しており、サバゲーの痕跡が一番多く残っている場所。床はあたり一面BB弾だらけで、被弾した時に壊れたと思われるものがたくさん転がっている。心霊スポットと聞いていたが、これでは幽霊すら出ないでしょう・・・。

f:id:reni99:20190208133846j:plain

古いカラオケセットが転がっている。こんな大きいものが転がるはずがないので、人為的な破壊と思われる。

料亭の最深部 厨房を調査

f:id:reni99:20190208134023j:plain

厨房はサバゲーの痕跡もほとんどなく、比較的綺麗に残っている。肝試しに来た人は幽霊を見たと噂が絶えない外の方を探索するだろうし、サバゲーには狭すぎるのでここを訪れるのは廃墟マニアだけのようだ。

f:id:reni99:20190208134204j:plain

今まで見て来た場所とは全然違い、まるで荒らされておらず、当時のまま綺麗に残っている事に驚かされる。

f:id:reni99:20190208134249j:plain

大広間や個室は人為的破壊が見られるので、廃墟として一番見どころがあるのは厨房かもしれない。この建物は長期間放置されていたが、サバゲーや肝試しが絶えなかったため、周辺住民から苦情が多く寄せられ解体に至った。今はどうなっているのか、知るよしもない。

なお、この記事は姉妹ブログ、風のとおり道とコラボ企画になっています。風のとおり道では同じ廃墟を夜間に探索したやや不気味な記事となっています。

decoration.hateblo.jp