不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

麗しき東洋のディズニープリンセス、男装の麗騎士ムーラン

戦いは男の仕事、と言うのが一般的な考え方だが、世界中に女性ながら馬に乗り剣を振るった、ゲームさながらの活躍をした女性は沢山いる。中国のムーランもその一人である。ムーランの話はディズニーアニメ「ムーラン」で有名だが、原作は南北朝時代の中国(439年-589年)まで遡り、1000年以上前の物語。
今回の英雄伝は、ムーランについてディズニーアニメベースで原作にも触れながら紹介します。

男装の麗騎士ムーラン あらすじ

f:id:reni99:20181126094041j:plain

出典:ディズニーキッズ公式

蛮族(フン族)との戦闘に備え、徴兵が行われることになったが、高齢の父親に変わり一人娘のムーランが男装し父の鎧と剣を持ち出し出立。進軍してきた蛮族相手に圧倒的な強さで敵を退き勝利をおさめる。蛮族軍に勝利後、仲間の兵士に自分の正体を明かして驚かせるとった内容で、ディズニーのムーランとほぼ同じストーリー。
ディズニー映画として見ると、アジア人初のディズニープリンセスであり、剣技に優れ馬を走らせ敵兵と戦う英雄のように描かれている。雪山での戦闘時は蛮族の攻撃に苦戦を強いられるが、大砲を使い雪崩を起こし敵を壊滅させる奇策を用いて勝利、帝都での最終決戦ではシャン隊長や仲間の兵士と共に蛮族が立てこもる王宮へ侵入し皇帝を奪還。ムーランは蛮族の首領と一騎打ちを繰り広げ見事な勝利を収める。まさに男性顔負けの英傑ぶりが描かれています。

ディズニーのムーランは騎馬戦法を用いたスピードの速い戦闘や敵の大軍に突撃するゲームさながらの描画、三国志ではお決まりの一騎打ちなど、戦闘シーンに力を入れており男性にもおすすめできるディズニー映画となっています。

ムーランは実在したの?

f:id:reni99:20181126094308j:plain

 

原作が作られたのはとても古い時代の事なので、判然とせず原作ムーランの作者も不明のため実在したかどうかは分かっていない。中国ではムーランの話は有名であり、歴史のある古い村では「ムーランは自分の村の出身だ」というような言い伝えが各地に存在するという。
時代背景は、南北朝時代に作られた物語、蛮族の攻撃が激しかった時代というキーワードを組み合わせると三国志の時代の話なのかな、というような想像は出来る。

映画に出て来た帝都のモデルはどこ?

三国志の時代であれば洛陽、長安のいずれかが帝都と言う事になるが一口に三国時代の皇帝と言っても複数いるので地域までは特定が難しい。地域はわからないが、蛮族との最終決戦を演じた王宮は中国が誇る世界遺産、紫禁城をモデルとしている。

まるで三国志!世界遺産、紫禁城

f:id:reni99:20181126094431j:plain

今回はムーランの記事なので、紫禁城については簡単に説明します。
紫禁城は三国志や南北朝時代と言った古代の建物ではなく、中世(明王朝時代)に作られた宮殿。紫禁城は中国に皇帝が存在した近代まで、実際に皇帝の居城として使われており、日本でいう皇居と言ったところ。
毛沢東が現代の中国、中華人民共和国の建国を宣言した天安門も紫禁城の一角に存在する。現在は世界遺産となっているので内部は博物館として見学することがでます。なお、外国人はパスポートがないとチケットを購入できないそうなので注意が必要です。

まとめ

f:id:reni99:20181126094529j:plain

原作は古代の物語のため、ムーランがいつの時代に生きていた人物なのかは判然とせず、歴史書や三国志演義などの他の歴史小説にも出てこないので実在したかは分からない。しかし、中国の村にはムーランの言い伝えがいくつも存在し女性剣士が活躍する話は世界にたくさん実在するので、ムーランが本当にいた人物である可能性も大いにある。

映画「ムーラン」ではテンポの良い戦闘シーンが多数あり、蛮族の大軍相手に戦う様は、まるでミトラスフィアやワールドクロスサーガと言った女の子が活躍する流行のゲームアプリのよう。ディズニー映画というと、女性向きというイメージがあるかもしれないけど、ムーランは男性にもおすすめできる一味違ったディズニー映画です。