不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

時空の歪み 突然異世界に飛ばされて戻れなくなった話

子供の頃、昨日まで仲良くしていた人が次の日には別人のように冷たかった、もしくは全然知らない人と言うことになっていた、もしくは全然知らない人が友達と言うことになっていたという経験はありませんか?
今回の話は、突然異世界に行ってしまい人間関係が一瞬で変わってしまった子供の話である。

時空の歪み 突然異世界に飛ばされて戻れなくなった話

f:id:reni99:20180829080639j:plain

 

小3の夏休みの時の話なんだけど、うちの近くに公園があって、そこに、名前は分からないけどトンネルみたいな滑り台があったんだ。
長さは多分7・8mくらいだと思う(小3の頃の俺から見たら、かなり長くてスリルがあった)
夏休みだし、俺が住んでた所は田舎だったから遊び場が無くて大体3日に1回は、その公園で遊んでた。

夏休みが終わる3日前くらだったかな。
もうやることなくて、結局その公園で友達4人と遊んでた。
でも鬼ごっことかにも飽きてたから、みんなで何して遊ぶか話してたときに、友達の1人が「誰が一番早く滑り台で滑れるか勝負しようぜ!」って言い始めた。
まぁ、やること無かったから皆でやることにしたんだ。
ジャンケンで誰から滑るか決めて、俺が最初にやることになった。
でも、子供だったから誰も下に残って数えようとせずに全員ハシゴ上ってて誰も数える人いないまま、俺が滑ったんだよね。

俺が滑り終わって、みんなが居るはずのハシゴの上見ると誰もいなくなってた。
俺はそのとき「俺が滑ってる間にみんな隠れたんだなっ!」って思って、公園内を全部探したけど見つからなかった。
そしたらすっげぇ悲しくなって、1人でブランコ座って泣いてたら、そのとき遊んでた友達の1人が公衆便所から出てきた。
俺はすぐに友達のところに駆け寄って「なんでずっと隠れてたんだよ」と泣きながら問いただした。
でも何故かソイツは不思議そうな顔して「君誰?」って言うんだよ。

そこまでやるかって頭にきた俺は、友達を殴ってそのまま泣きながら家に帰った。
家に帰ると母親から「どこ遊びまわってたの?!」って怒られた。
(俺の母親は、外に出て遊べ・宿題なんてやらずに遊べ!っていう人だった)
次の日から俺は塾に通わされた、なぜか塾の生徒は俺に慣れなれしく話しかけてきた。
こっちは初対面なのに、相手は俺の名前も通ってる学校も知ってた。
でも最近になって気づいたんだよね・・・。
俺は今もここで生きてる。
俺から見れば、今いる世界こそが異世界なんだよね。


【質問】
Q.親にその話とかしてみた?

A.もちろん、次の日塾に送ってもらう途中、車の中で母親に言った。でも普通に夢ってことで聞き流されたけどね。
友達にも話したけど、全員夢だと思って笑ってた。
あっちの世界と、こっちの世界で性格が全く違う人もいれば、同じような人もいた。
ただ不思議なのは、俺って3つ下の妹がいるはずなのに、こっちの世界に来てから、妹なんて居ないってことになってる。
母親と父親の性格が正反対になってるから存在しないのかもしれないって考えたこともあるよ。
ただ、唯一婆ちゃんだけは信じてくれてる。
ただのガキが話してる空想物語を聞いてるって感じじゃなくて婆ちゃんも、似たような体験をしたらしい。
その話は俺と似てて、どうやって元の世界に戻ったのかは人それぞれ違うって言われた。
今でも、異世界に来たときの話で、どうやって元の世界に戻るか話に行くときがある。
もしかしたら2つの世界を行き来できるようになるかもしれないから…

突然異世界に飛ばされて戻れなくなった話 解説と考察

f:id:reni99:20180829080922j:plain

 

【解説】
普通に友達と公園で遊んでいると、突然友達が消えてしまい、その日以来、前いた世界とは人間関係はおろか、家族構成まで変わってしまったと言う極端な異世界移動を体験したというもの。
要点は下記の5点。

・異世界突入契機不明
・友人の性格は似たような人もいれば全然違う性格の人もいる
・家族構成が違う(妹がいない)
・両親の性格が違う
・知らない人が友達として付け加わっている

【考察】
ここまで極端ではないが、管理人もちょこちょこ似たようなことがあり、小学校5年まで続いた。昨日まで仲良くしていた人が次の日には冷たいどころではなく険悪だったり、まったく知らない人に話しかけられて驚いたり…。
この話は、パラレルワールドに迷い込んでしまった典型パターンであり、家族構成まで変わっているのでずれの大きな異世界に行ってしまったのだろう…。

管理人の異世界体験談は機会を見て紹介します。