不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【管理人の体験談】実録あり!今からでも行ける?エレベーターを使い異世界へ行く方法

今まで当サイトでは異世界に行った話を多数集めて検証してきた。時空のおっさんの世界のように、人工的に作られたと思われる異空間から完全な平行世界の話まで多岐にわたる。
もし、異世界に「行く」方法があるとすれば興味ありませんか?
今回はネットで噂される異世界へ行く方法の1つを紹介します。

エレベーターを使い異世界へ行く方法 やり方

f:id:reni99:20180813082349j:plain

準備する方法:10階以上あるエレベーター

1.10階以上あるエレベーターに乗る。
※乗るときは一人で乗る

2.エレベーターに乗って4階→2階→6階→2階→10階の順で移動する。移動中に、誰かがエレベーターに乗ってきたら失敗となるのでやり直し。

3.10階についたら、「降りずに」5階へ移動する。

4.5階に着いたら若い女の人が乗ってくる。
※その人には話しかけてはいけない

5.女の人が乗ってきたら、1階を押す。

6.1階を押したらエレベーターは1階に降りず、なぜか10階に上がっていきます。
※10階に上がって行く途中に、違う階をのボタンを押すと失敗します。ただし、やめるなら最後のチャンス。

管理人の体験談

f:id:reni99:20180813082550j:plain

 

当時、アウトソーシング系の責任者をしていた管理人はクライアントの無理な要求に困り果てていた…。経営陣に相談しても「赤字続きなのでやれ」と言われるばかりで相手にもしてくれない。ただでさえ人手不足で、他の案件も多数かかえているので動きが取れない上に手の空いている部下もいないような状態。
それに追い討ちをかけたのが上司の退職…もとい、バックレ。厳密にはバックレではないのだが、全業務を仕切っていた統括部長が突然退職してしまう。辞め方がひどく「本日を持ちまして退職します」という旨のメールを一方的に送りつけ、業務の引継ぎなどまるで出来ないまま組織を去ってしまった。(同業他社への転職と聞かされた)

手詰まりになってしまった管理人は上司バックレから一夜明けた土曜日も会議のため出勤していた。当時は不思議なびも、夢と魔法のハッピーライフも存在していなかったが、不思議なことに興味を持っていたので、エレベーターで異世界へ行く方法と言うのを知っていた。
「よし、会議も終わったし、気分転換にやってみよう!」
当時土曜日で会社には殆ど人もいなかったので、エレベーターは使い放題。

すべてが順調だった。
静まり返っているオフィスビルの中、この方法を試すのは用意でいとも簡単に事が進んだ。
しかし。すべての工程をやり終えたのだが当然異世界へは行けなかった。その日は若干興ざめして退社。

しかし、次の月曜日に状況は動く。
悩みの種であった案件がクライアント起因により打ち切りとなり本社から統括部長の代行が来てくれた。
……仕事の悩みが一気に解決してしまった。
仕事以外には変化はなく、異世界へ行くことは出来なかった。しかし、仕事については確実に変わった。その点を考慮すれば、平行世界に行くことができたとも言えるが、単なる偶然かもしれないので真相は分からない。
ただ、言えることは「問題が解決した」と言うこと。

その後、管理人はその会社を円満に退職し現在はまったく別の業界に身を置いている。

当時の振り返り

f:id:reni99:20180813082940j:plain

 

結局、何だったんでしょうね(汗)
当時はオカルト解説者なんて名乗ってもいなかったけどなぜか異世界に惹かれ、それ系の体験談ばかり読み漁っていました。平行世界と言うのは良くあるRPG的な世界で勇者としてドラゴンとかと戦っていたり、はたまた大魔王様の家来として世界中を恐怖に落とし入れているもう一人の自分がいるのかな、とか完全に中二病全開の思い違いをしていました。

結論として、仕事で行き詰った気分転換にやってみたら仕事がうまく回りだしたんだけど、それを成功と取るか、失敗と取るかは自分次第。

あれから5年くらい経った今、思い返してみると、すべての事は自分が決めていると言う引寄せの法則を垣間見たような気持ちになれる。