不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【不思議な話】死後、人生をやり直すという選択

臨死体験というのはよく聞く話である。
良くあるのは交通事故などにあい、草原を彷徨っていると、よく知っている故人が現れ「まだ来るな」のようなことを言われ、病院で目が覚めるというもの。

今回の話も、臨死体験ではあるが、一般的な良くある話と内容とまるで違う。
それでは、「死後、人生をやり直すという選択」本編をお楽しみください。

死後、人生をやり直すという選択

f:id:reni99:20180622080404j:plain

俺は一度死んだことがある。
これだけだとただの電波なので、詳細を説明する。
小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。
運動会やら遠足もあったし、毎日普通に生活してた。
ところが、12月のある日のこと。
その日天気がとても悪く、(俺の住んでいたのは当時香川だったんだけど、雨がほんと少ない)雷もすごかった。
信じられないことに、なんと雷が俺の家に落ちた。
その時、一緒に家にいた姉(当時17)と俺は、火事で死んでしまった(と思われる)。
そして、それから俺と姉は真っ暗な空間にいて、俺は何がなんだかわからなかった。
しかし姉が、「死んでしもたけん、やり直しするやろ?」と意味不明なことを言う。
俺はとりあえず、「うん」と返事をした。
すると、そこは自分のベッドのうえ。
しかも何故か、そのときは夏休みであるという認識までできている。
それからまた俺は、二学期の生活を過ごした。
はじめはぼけーっとしていて誰にもこの話をできないし、(してはいけないと思っていた)
そのままの生活をつづけた。
それから俺が中一になったころ、そのことを思い出し、勇気をだして姉にその話をした。
すると姉は、「もうその話はえーやろ」と半笑い。
つられて俺も「そやな」と笑って普通に返した。
これは、どう考えても夢ではない。

参考: NAVER まとめ

死後、人生をやり直すという選択 解説と考察

f:id:reni99:20180622080608j:plain

 

【解説】

12月のある日、落雷による火事に巻き込まれ死んだが、お姉さんの「やり直しするやろ?」という言葉にYESと答えると時間が夏休みまで巻き戻り、その後普通に暮らしたという何とも不思議な話。
お姉さんは何かを知っているようなそぶりだが、何も語られておらず「やり直し」とは何なのかは明かされずに話が終了している。

【考察】

死後、人生のやり直しのために時間を巻き戻した後は落雷がなく普通生活していたところから、時間が巻き戻ったのではなく、「平行世界へ移動した」と考えると納得がいく。

この話から、平行世界が存在しているという事が読み取れる。もしかしたら、不慮の事故などで死んでしまい、やり直しを希望した人たちはどこか別の平行世界で普通に生きているのかもしれない…。