不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

洒落にならないほど怖い話!恐怖の都市伝説「犬鳴村」真相を徹底究明

杉沢村と並んで人気の高い都市伝説「犬鳴村」。

完全な廃墟となっている杉沢村に対して犬鳴村は住人が住んでおり、近づく者を問答無用で襲撃するという恐怖感を演出している「怖い話」です。

今回は犬鳴村の真相に迫ります。

 

 

福岡最強の洒落にならないほど怖い話 犬鳴村伝説

f:id:reni99:20180202081212j:plain

怖すぎる心霊スポットとして有名な福岡県の犬鳴峠にほど近い場所に位置する謎の集落。ネットで噂が噂を呼び犬鳴峠旧トンネル付近は好奇心からの探検やヤンキーの肝試しスポットとして毎日のように人が集まっています。

旧トンネルの写真もあるけど本気でヤバいので犬鳴峠にある別の廃墟の画像を使います。

【ネットでささやかれている噂】

・日本国憲法が通用しない村

犬鳴旧トンネルに強引に突入するか、わき道を進み、トンネルに先にあるという謎の村。村の入り口には「この先は日本国憲法は一切通用しません」と言った内容の看板が立っている。

・入ったら命の保証はない

村の入り口にはまるで忍者屋敷のような罠が複数敷かれており、侵入者を察知できるようになっている。村人に察知されると鎌を持った住人が問答無用で襲撃してくる。日本国憲法が通用しないので襲撃を受けても文句は言えない。

・ボロボロのセダンが置いてある

とあるカップルが興味本位で村に近づいてしまい、村人に殺され車は無残に破壊された名残のセダンが村の広場のような場所に放置されているという。

・差別を受けて完全孤立した村

村は古い時代から差別を受けており、外部の人間とのかかわりを一切絶ち、まるで縄文時代のような自給自足で生活している。日本政府ともかかわりを絶ち、完全な自治区域として孤立しているというもの。

・携帯電話が圏外になる

日本国の統治外にある暗黙の村のため携帯電話のアンテナが一切立っておらず、圏外表示になってしまう。

・近親結婚を繰り返している

昔からひどい差別を受けて孤立した村なので、新規で人が増える事はないので、近親結婚を繰り返し、精神状態が不安定な子供が多く生まれ、攻撃的な性格の村人が増えてしまったというもの。

・不用意に近づくと鎌を持った住人に追いかけられる

興味本位で犬鳴村に入ると住人が激怒し鎌を持って追いかけられ殺されそうになる。

犬鳴村の場所はどこ?

 福岡県宮若市と同県糟屋郡久山町をまたぐ峠で、心霊スポットとして名高い犬鳴トンネルはこの犬鳴峠にかかるトンネルの事を言います。福岡方面から北九州方面へ抜ける道として知られているが、少しでも話を知っている地元の人はこの道を一切通りません。

犬鳴トンネルは「新犬鳴トンネル」と呼ばれ、心霊スポットとして知られているのは「旧犬鳴トンネル」。場所は、宮若方面の出口から少し先に進んだところにフェンスがあり、その先に旧トンネルがあります。犬鳴村は旧トンネルの先にあると言われ、行くためには旧トンネルに入るしか方法はありません。現在はブロックで封鎖されているが、有名に心霊スポットのため毎日のようにオカルトマニアや肝試しの若者などが興味本位で旧犬鳴トンネルに来ています。

トンネルはブロックで封鎖されているけど、少し隙間があるので中に入る事も可能。犬鳴村はその先にあるとされています。犬鳴村が実在すると仮定しても、車で村まで入る事は出来ず、旧犬鳴トンネルを歩く羽目になります。

管理人の体験談

管理人は数年間福岡に住んでいました。

福岡在住中に犬鳴峠を訪れたのは2回のみです。1回目は犬鳴村の噂を聞いて旧トンネルの探索に行った時、そしてもう1回は仕事で北九州方面に行く時に同僚が「近道をする」と言って通ってしまいました。

 

1回目の探索では、九州最高の心霊スポットとして名高い旧犬鳴トンネルの探索と、その先にあるという犬鳴村の真相究明をしようとトンネルに向かったのですが、途中で謎の腹痛に襲われてしまい探索は断念。邪気が強いため写真は自粛しますが、旧トンネルの写真は数枚撮影しました。意地って奴ですね(笑)

 

例の犬鳴トンネル探索から数年がたち、すっかり犬鳴のことなど忘れていた時に愚かな同僚が福岡方面から北九州に抜ける近道と言う事で犬鳴峠を通る事になった。辞めてくれと言ったのだが「旧トンネルに行くわけでもないから大丈夫」と笑うだけで相手にもしてくれない。

結果は、二人とも北九州方面の出口に差し掛かる時には謎の腹痛を発症。幸いなことに新犬鳴トンネルから遠ざかるにつれて腹痛は回復し何事もなかったかのように治り仕事に支障をきたすことはなかった。偶然と言えば偶然かもしれないけど、やはり気持ち悪い。それ以来件の同僚もこの場所を通る事は二度となかった・・・。

怖すぎる心霊スポット 犬鳴トンネル

f:id:reni99:20180720082351j:plain

犬鳴村とは別に、福岡県最強の心霊スポットとして名高い犬鳴トンネルがあります。犬鳴村へはこの犬鳴トンネルを抜けないと行くことが出来ないとされているので、恐怖スポットが2つ重なり更なる恐怖を呼んでいます。

犬鳴トンネルの噂

・犬鳴トンネル付近にある電話ボックスは必ず「出る」

電話ボックスそのものに幽霊が「いる」という話と、電話ボックスから電話をかけると不気味な声が聞こえるという2つのパターンがあります。福岡県内では有名な話だけど、あまりにも「出る」という噂が広まりすぎで電話ボックスは撤去されてしまい、現在は存在しません。

・殺人事件があった

昭和63年にリンチ殺人があり、犯人は既に逮捕。主犯の男には無期懲役が確定し犯行にかかわった人物は全員服役中。福岡県は最近になり「修羅の国」と揶揄されることが多いが、このような残虐事件は昭和の時代から存在する。

・心霊番組が中止になった

夏によくある心霊スポットから霊能者が状況を霊視し中継する番組だが、あまりにも悪霊が多すぎで1人の霊能者には手におえず中継できなかったというもの。

・交通事故が多い

人影が動いているように見えた、ブレーキがきかなかった等、心霊スポットにありがちな理由で交通事故が非常に多く、事実として事故は起きている。元々運転が難しい難所のためなのか、トンネルの心霊現象によるものなのかは判然としない。

・謎の腹痛に見舞われる

犬鳴トンネルを訪れて謎の腹痛に襲われたという人は多数いる。普段はまるで霊感がなく、そういう類のものは一切信用しない人でも、現場に着けばなぜか腹痛に見舞われてしまい怖くなり早々に引き上げるという事は珍しくない。特に九州住のオカルトファンの間ではこの事は有名であり、オカルトファンが集まれば必ずと言って良いほど犬鳴の話になる。色々議論は交わされているが結局のところ、真相は不明のままである。

一番危険なものは

f:id:reni99:20180720084311j:plain

殺人事件があったという項目である程度察しがついたとは思うが、犬鳴トンネルにせよ、犬鳴村にせよ、一番恐ろしいのは「生きている人間」です。有名スポットゆえに、毎日のように肝試しに来ている暴走族などがいる。中には問答無用で襲い掛かって来る連中もいる事は事実。

犬鳴峠も犬鳴トンネルも、その名前だけは良く知られているが、実際こうやって噂話を並べてみると、全国によくある心霊スポットと大差はない。ただ1つ違うのは、有名スポットゆえにガラの悪い連中が多いという事。

別の意味で危険な場所である…。

犬鳴村 真相究明

f:id:reni99:20180202082444j:plain

上記で犬鳴村と犬鳴トンネルについてのストーリーを紹介しました。ここからは真相究明編。このストーリーにはいくつもの無理があります。

無理1 旧トンネルの先に行く

霊感が全くない人でもあの邪気は誰でもわかります。それゆえあの場所に長時間滞在することはできません。そういうものを一切感じない人でも犬鳴旧トンネルは完全に閉鎖されており突入は不可能。もちろん先に行くわき道もありません。

無理2 日本国憲法が通用しない

日本と言う国は綺麗に統治されているのでそんな怪しい自治区は存在しないというのが一般的でしょう。おまけに今はGoogleMAP等の衛星写真サービスが一般化しているので簡単に場所が割れてしまいます。

無理3 ボロボロのセダン

犬鳴旧トンネル付近は車で入れる場所ではありません。ましてや村があるとされている位置に車で入る事は絶対不可能です。そんな場所にセダンを誰がどうやって運んだのか。また、消えたカップルがいたら事件になるはずだけど、そんな事件は聞いたこともない。

ダムに沈んだ村

f:id:reni99:20180716175146j:plain

実在した犬鳴村は、正しくは犬鳴谷村(いぬなきだにむら)といい、福岡県鞍手郡に1889年4月1日まで存在していました。心霊スポットとして名高い犬鳴峠にほど近い場所に存在した山村で、江戸時代から人が定住しており農林業を営む山村でであったという。

小さな山村である犬鳴谷村は近隣の集落と合併し近年(1994年)まで生き残っていたが、同年に犬鳴ダムが完成したことにより、集落の大半はダムの底に沈むこととなり、集落はその姿を消した。集落の主要地がダム建設と共に姿を消したため、住人達は周囲の集落や都市部に転居し、現在では名残として宮若市犬鳴という住所のみが残されている。

まるでアニメのような数奇な運命をたどった犬鳴村だが、この村は件の犬鳴村とは全く別の村である。

なお、犬鳴峠という名前の由来は諸説あり、「犬鳴山古実」という文献には犬鳴峠のある犬鳴山の谷の入り口はに滝があり、1匹の狼が滝に行きついたが、登ことが出来ず悲痛な叫びをあげていたという記載がある。その他にも、犬鳴山は非常に険しいため犬でも登ることが出来ない犬泣かせの山であったことから犬鳴峠と呼ばれていたとする説もある。
また、飛鳥時代後期から平安時代中期にかけての頃、犬鳴山周辺は稲置の境界線にあたり、稲置(いなぎ)が、いぬなきに訛ったとという話もある。
どれも古い時代の話なので何が正しいのかは判然としない。

実在する可能性

犬鳴峠周辺はとにかく異常な場所。昼夜問わず怪奇現象が頻発し探検に来る人が後を絶たない場所です。「元々の高い邪気」「有名心霊スポット」という特徴があれば特異点となりえます。

この世界とは少し違う謎の空間が存在することはネットで良く噂されており管理人の個人的意見では、間違いなく存在します。そう、きさらぎ駅のように・・・。

そのような特異点に村がある可能性は捨てきれません。

また、犬鳴峠付近にはかつて村が存在し、現在はダムの建設により水没しています。村の名前の犬鳴村と言う名前ではありませんでした。

激しい差別を受けていたという事実も一切なく、そのような文献も存在しません。

犬鳴旧トンネル付近はフェンスが設置され「この先通行禁止」と書かれた看板があります。心霊スポットという異常な雰囲気とこの看板がマッチしてこのような「怖い話」が生まれたと考えるのが一般的ですね。

しかし、特異点として村が存在するのであれば様々な偶然が重なり恐怖の村へいざなわれる可能性はないとは言えません。興味本位で決して近づかないように・・・

 

犬鳴峠周辺の心霊スポット

犬鳴村と旧犬鳴トンネルが非常に有名なため、知名度は今一つだが、犬鳴峠周辺には複数の心霊スポットが存在する。それが、猫峠。「犬」鳴峠に対して「猫」峠なので何か関係があると思われがちだが、両者には関係性はなく、偶然名前が似ているだけ。
犬鳴峠もそうだが、この猫峠周辺にある力丸ダムでも殺人事件が起きている上にスケート場の廃墟が存在するので不気味さを醸し出している。

f:id:reni99:20190325221715j:plain

これが廃スケート場を訪れた時に写真。入り口には不気味にバイクが転がっており、内部は非常に暗い。心霊現象としては、「生首を見た」「小さな女の子の声が聞こえる」など様々なバリエーションがある。猫峠は犬鳴峠にほど近い場所にある事、殺人事件が起きている事、廃墟がある事など、心霊スポットとしての条件をいくつも満たしているのでこのような噂話がたつのだろうが、火のないところに煙は立たない。

この写真を撮った時に同行してくれた知り合いの霊能者の話では「犬鳴峠ほどではないが、霊が集まりやすい環境が整っている上にあつらえたように廃墟があるため、確かに霊は存在する」と語ってくれた。

当時廃墟マニアであった私は中に入りたかったのだが、廃スケート場へ一歩踏み出した私を大声で制止し「危険すぎる!絶対に中に入るな!」と止められた。そのため写真はこの1枚しかない。

犬鳴村を題材にしたホラー映画の制作決定!

f:id:reni99:20181217173509j:plain

 リングと並ぶジャパニーズホラーの金字塔「呪怨」を生み出した人気監督、清水崇氏の指揮の元、犬鳴村のホラー映画製作が決定し、2020年に公開されることが分かりました。
ニュースによれば、すでに世界中の映画制作会社からオファーが殺到しており反響の大きさに東映も非常に驚いているという。

犬鳴村は、消された廃村に悪霊が出るという杉沢村と違い、現代社会から隔離された人間が今も生き残っており、近づく者を襲うと語られるストーリーなので、ありがちな幽霊談義よりはるかに怖い人間ホラー。ただの怪談よりもリアリティのある恐ろしさが演出されそうなので非常に楽しみですね。

ジャパニーズホラー界最強の監督が知名度、怖さ共に最強クラスの都市伝説の映画化に挑む本作品、新たなる恐怖の伝説となる事は間違いなさそうである。

 

合わせて読みたい記事

有名な犬鳴村や杉沢村以外にも幻の村についての都市伝説は日本各地に存在している。そんな「ある」と噂される不思議な村についてをまとめた記事。