不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【時空のおっさんまとめ】地下世界へのいざない トイレの下に広がる異世界

田舎のトイレというのは子供にとっては怖いものです。

汲み取り式のトイレ(俗にいうボットン便所)は穴が深い上に汚いので小さな子供は「落ちそう」と思う事も多々ある事でしょう。

今回は、トイレで異世界を垣間見た子供の話です。

それでは、トイレの下に広がる謎の世界、本編をお楽しみください。

 

トイレの下に広がる謎の世界

f:id:reni99:20180405082918j:plain

 

なにせ子供のことですから、「夢でも見ていたんだろう」ってのが常識的な判断だと思うんですが……それでも映像としてはっきり記憶に残っている、「納得のいかない記憶」ってのがひとつだけあります。

当時、ぼくは両親の仕事の都合で、大阪府門真市の親戚の家に預けられていました。七十年代前半頃で、親戚の家のトイレは、思いっきり汲み取り式でした。便器の真ん中にぽっかり穴が開いていて、真下に汚物が見えるタイプ。子供心に、臭いやら怖いやらですごくイヤだったのを覚えています。

ある日のことです。ぼくは外から遊んで帰ってきて、まっすぐトイレに直行しました。このことからでも、少なくともこの事件?があったのが「真昼」だったのをわかっていただけると思います。夜中に目が覚めて、とか、朝起きてすぐ、とか、そんな半覚醒状態ではなかったことだけは確かです。

きしみ音をあげる、木の扉を開けて、トイレに入ります。たしか、便器にはプラスチック製の蓋がついていたと思います。それをどかそうとして、ぼくは異変に気づきました。
 便器の内側が、妙に明るいのです。
中をのぞきこんで、あっといいました。便器の落し口の真下、2メートルくらいのところに、地面が見えるのです。
ええと、お分かりでしょうか? 普通、汚物しか見えない、真っ暗な空間であるべき便器の内側は、真昼の陽光に溢れ、そして眼下には、アスファルト舗装されていない、小石のちらばる地面が見えているのです。

あれえ? と思い、子供心にすごく悩みました。このままうんこしちゃっていいのかなーって。

しばらく、呆然と、便器の向こうの別世界を見つめていたときです。
ふと、真下の地面を人影がよぎりました。
あれっと思うまもなく、人影は戻ってきました。おそらく、ぼくの視線に気づいたのだと思います。
五十代から、六十代くらい。頭にちらほらと白いものの目立つ、中年の男の人でした。いまでもはっきりとその姿を思い出せます。
頭にはよれよれの帽子(テレビで、セリ市に参加している魚屋さんの姿を見たことあるでしょう? あんな人たちがかぶっているような帽子です)。首には汚れたタオルを巻きつけ、顔は日に焼けて赤銅色に染まっていました。
男は顔をあげ、ぱったりぼくと視線があいました。
そのまま対峙すること、数秒。
おじさんは怒鳴り声をあげました。
「坊主、そんなとこで見てたら、危ないやろうが!」
ぼくは後ろも振り返らず、あわててトイレから逃げ出しました。

当時、親戚夫婦は、家の近くのうどん屋で働いていました。
 ぼくはその店に逃げ込むと、おばさんをつかまえ、必死でこの異常事態を訴えました。「あのねー、知らんおじさんに、危ないゆうて怒られてん」
「そうかー。危ないことしたらあかんでー」
ちゃうっちゅうねん、おばはん汗!
あんたんちのトイレでやっちゅうねん!

しかし、ガキの悲しさ、この事態をうまく言葉で表現することができず、結局この事件はそのままお蔵入りになりました。
その後、ぼくは半年ほどその家に居候してましたが、子供心に
「あれは妖怪やない、人間やから怖うない」
と思い、怖がることもなく、元気にトイレで用を足していました。
怖くなってきたのは……それから十年もたってからでしょうか。
いったい、あのおじさんと、トイレの下のもうひとつの世界の正体は、なんだったのでしょうか。

参考:NAVER まとめ

トイレの下に広がる謎の世界 解説と考察

【解説】

親戚の家の汲み取り式トイレに入った子供が、トイレのふたを開けるとアスファルトで舗装された地面が見えたという。しばらく眺めていると年配のおっさんが通りかかり目があった。すると、

「坊主、そんなとこで見てたら、危ないやろうが!」

とトイレの中から怒られたという。

・異世界突入契機不明

・今までの話のように異世界に「行った」のではなく「見えた」

・異世界を眺めているとおっさんが通りがかり怒られた

【解説】

トイレを覗くと異世界が見えて、そこを通りがかったおっさんに警告として怒られたという何とも奇妙な話です。

鏡の中に異世界を見たという話はいくつか聞いたことがあるけど、トイレの中は異世界と繋がるような場所ではないし、何よりはっきりと見えすぎている上に会話まで出来るというのが怪しい点です。似たような事例で唯一聞いたことがサイレントシティ現象です。

 

サイレントシティ現象 それは異世界へのいざない

f:id:reni99:20180405083608j:plain

アラスカに伝わる伝説の1つで、上空に中世の都市が突如として現れるという。石で造られた寺院や城などもはっきりと確認できるほど鮮明に見え、時には街を歩いている人の姿も確認できるほどだとか・・・。

参考サイト:アラスカに伝わる時空現象 サイレント・シティの謎 | ムー PLUS

ただし、サイレントシティ現象は一方通行であり、こちら側からは見えるが繋がった先の世界からこちらは見えていないのが一般的。今回の話のように、異世界ごしに会話ができたというのは事例がなく疑問が残ります。