不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【異世界】時空のおっさんと交わした2つの会話 異世界の謎が判明

様々な偶然により異世界に迷い込んでしまった人を救済してくれるお助けキャラ的存在の時空のおっさん。異世界から元の世界に戻す時に共通しているのが「誰かに何かの電話をかける」ということ。

今回紹介する遭遇事例も例外なく時空のおっさんが携帯で誰かに連絡を取った直後に元の世界に戻れたという内容です。その時の時空のおっさんと交わした会話から、異世界とは何かと言う本質が少し見えてきます。

それでは、時空のおっさんと交わした2つの会話、本編をお楽しみください。

 

時空のおっさんと交わした2つの会話

f:id:reni99:20180404082036j:plain

箇条書きにして書きます。
【経緯】
・テスト勉強のため図書館に自転車で行った
・途中で気分が悪くなって目の辺りを押さえて下を向いた
・前を向いたら車とか人とかが消えていた
・しばらくしたらヤクザみたいな人が「何してんだコラッ」と叫びながら走ってきた
・凄く怒られた後、連絡をとろうと携帯っぽいものを出した
・必死で話しかけるも怒られるばかりで殆ど相手にしてくれなかった

連絡がとれたみたいだな、と思ったらいつの間にか元に戻ってた。

こんな感じです。ひょっとしたら夢かなとも思ったんですが顔に怒られた際についた殴られた後があったんで夢じゃあないのかな、と思ってます。

三途の川の番人・・・じゃあ無いと思いたい。怖すぎる。
何でここに来た、どうやってここに来た、仕事がなんたらかんたら・・・みたいな感じ。
そういえば二つ質問に答えてくれたよ。
「時空のおっさんって呼んでもいいすか?」
「勝手にせい」

「こっちに来るにはどうすればいいんすか?」
時空のおっさんの顔が険しくなって
「・・・次は帰れんぞ」
って言われた。・・・今思い返したら超怖かった…

参考:NAVER まとめ

時空のおっさんと交わした2つの会話 解説と考察

【解説】

突然の体調不良に襲われ、しばらく苦しんでいると人も車もすべて消えていた。そして感じの悪い時空のおっさんがどこからともなく現れて携帯で誰かに連絡を取った後元の世界に戻してくれるという典型パターンですね。

・異世界突入契機は体調不良

※目の下を抑えていたという事なのでめまいと予測される

・時空のおっさんは感じが悪い

・会話の内容から異世界の本質が予測できる

【考察】

一番の重要ポイントは何と言っても時空のおっさんと会話が出来ているところです。

「こっちに来るにはどうすればいいんすか?」

このように問いかけると顔が険しくなり「次は帰れんぞ」とやや怒られた感じに言われているところです。その謎を解くのがパラレルワールドです。

 

パラレルワールド

f:id:reni99:20180404083435j:plain

我々の住む世界とはほんの少しずつ違う世界が並行して存在しているという考え方で、例えば「もし、昭和が64年以降も続いていたら?」といった大きな分岐から「今日食べた昼食」のような小さな分岐まで、すべてに平行世界が存在しているという。

パラレルワールド - Wikipedia

ただし、パラレルワールドは無人世界ではなく、必ずもう一人の自分やそこで暮らす住人も存在しています。しかし、時空のおっさんの世界は人っ子一人いない世界。

このことから予測して中国仙道の奥義とされる「入異境の術」のような術で作り出した人口異次元空間と予測されます。

つまり、時空のおっさんの正体は、人工的に作った異次元空間で何かをしている人であると思われる。異次元で重要な何かをしているところに急に招かれざる客が来て、重要機密を見られる前に急ぎで戻してあげなくてはならないとなると、そりゃ機嫌も悪いですよね。

さらに、完璧な入異境の術は外部から異次元に入る事はできません。外部から迷い人が入り込んでしまうという事は、卓越した仙人が作ったような異世界ではなく、力はあるが、まだまだ未熟な人が創造した異世界という事になります。

入異境の術と時空のおっさんについては下記記事でも紹介しています。

www.decoration.tokyo