不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

【時空のおっさん】停電の夜の不思議体験 黄色い世界と謎の紳士

現代において電気は必要不可欠なエネルギー。
我々人類は電気エネルギーを使い様々な生産活動を行っているが、ひとたび電力が断たれる「停電」が起きてしまうと生産ラインや交通網、小売に至るまで、都市機能の殆どが麻痺状態となってしまう。

今回の話は、停電の夜に不思議体験をした弁当屋の店員の実録である。

停電の夜の不思議体験 黄色い世界と謎の紳士

f:id:reni99:20180614080238j:plain

 

深夜に弁当屋でバイトしてるんだけど仕事中(深夜3時ぐらい)停電になった。前も停電になったことあるから、またかって思いながら電気付くのを待ってた。
当然だけど外も真っ暗。で、段々外の信号とかライトが付き始めたけど何故か色が全部黄色。
え?何コレ?って思ってたら店の中も電気が付いたので一安心。

そういやもう一人のバイトの後輩いないなって思ってホールを見た。ホールってのは惣菜を置いてある場所でガラス張り(そこから外の黄色いライトが見えた)
ホールは誰もいないのに何か、誰かいる気配がする。正直超怖かった。そしたら客が来た。客は普通のスーツ着たおじさん。客は惣菜買って行った。
でもスーツの客もホールできょろきょろ辺りを見回してて変な感じ。
暫くしたら外の黄色いライトが普段見る信号やネオンの色に変わってった。

変な雰囲気もライトと一緒に戻ってた。凄いホッとした。
そしたら裏口からガタッて音がして超ビビッった。見に行ったらもう一人のバイトが、
「あれどこ行ってたの?」「ゴミ捨ててましたよ」
ん?ゴミ捨てるのに何分もかからないだろって不思議に思って停電があったこと、外のライトが一面黄色になったことを言ってもそんなことなかった、寝ぼけてたんじゃないの?って言われた。
いやだって接客もしたし時間は5分は経ってるはずだし…と気になってレジの履歴を見たら確かに3時に客が1人来店になってる。
何となくだけどあの停電になってライトが黄色になった時間だけ店だけ別の次元に移動してたのかな…

参考:NAVER まとめ

停電の夜の不思議体験 黄色い世界と謎の紳士 解説と考察

f:id:reni99:20180614080449j:plain

 

【解説】
停電に遭遇するも、比較的短い時間で徐々に電気が復旧。しかし、信号機を見るとすべて黄色が点灯する異常な状況。そこへ、一人の紳士が惣菜を買いに現れ、普通に接客した。
そのおっさんを契機に元の世界に戻ったような感だが、時空のおっさんの定番の話と違い態度は至って普通である上に元の世界に戻すそぶりもなくただ、「惣菜を買った」だけ。
・異世界突入契機は停電
・おっさんは惣菜を買い求めただけ
・元の世界に戻った後、レジのログを確認すると、同時刻に客が1人来たことになっていた。

【考察】
停電により電流が一気に放電されることにより偶然にも脳波に影響を与え異世界へ移動してしまったと考えるのが妥当。
惣菜を買いに来た紳士は挙動不審だったという事なので、異世界からの迷い人が来たことをあらかじめ察知したのではなく、偶然知ってあわてて元に戻したと考えるとつじつまが合う。
今回の話は、停電により異世界に移動し、偶然に時空のおっさんが現れるというレアケースといえる。