不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

現代の神隠し?不可解すぎる女生徒の失踪事件

知的障碍者施設でボランティアなり仕事なりをしたことがある人はわかると思うが、年に1回くらいは利用者が行方不明になってしまうことがある。
ほとんどの場合、すぐに発見されるのだが、ごくまれに「どうやってそこまで行った!?」思えるほど離れた場所で発見されることがあります。

今回の話は、知的障碍者施設を舞台にした不思議体験である。

現代の神隠し?不可解すぎる女生徒の失踪事件

f:id:reni99:20180524080610j:plain

 

 20年程前の実話です。

私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。

実家の近くの山中に〇〇〇〇苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒がまれに脱走するんです。
初めは先生がその辺りを探します。
探しても見つからない場合は、地元の人と消防団が山狩りを決行。
そんな大事は2年に一度くらいで、割とすぐに見つかりました。

20年前の春の事。一人の女生徒が脱走して行方不明に。
かなり大掛かりな山狩りが行われたにも関わらず、女生徒は一向に見つかりませんでした。

ところが半年後、その女生徒は山中の林道で遺体となって発見されました。死後2日程だったと思います。

そこで不思議なのは、
『半年の間、その女生徒は何処に居たのか?』
という事です。

それと、発見された時の服装が行方不明時の物と明らかに違っていた事。

行方不明時には上下のトレーナー(施設の制服)だったのに、発見された時にはブラウスにモンペ、エプロンだったそうです。

どこかで働かされていたのでは?との疑問も出ましたが、20年前当時、その辺りには工事現場や作業所などは全く無かったのです。

第一、女生徒が発見された道から奥は、集落はおろか小屋一軒も無い山の中(道もその先、数百メートルで無くなります)。

女生徒の遺体を解剖したところ、胃の中には肉類など食事をしていた形跡があり、体型も以前と全く変化が無い。
彼女はこの半年間、確実に『生活』をしていたと思われました。

ちなみに死因は、心臓麻痺か凍死だったと…(すみません。当時10歳くらいだったので覚えていないです)。

その時、大人達の間では『サ〇〇があるのでは?』と噂になっていました。
その後、警察も引っ込んでしまったこともあり、サ〇〇説が有力に。


20年前との事もあり、その出来事は私の妄想かなあと思っていました。
でもお盆に里帰りした時、その話題を母にしたところ、
「そーゆーこともあったねぇ」
と言っていたので、本当のことだったんだなあと納得しました。

参考:NAVER まとめ

不可解すぎる女生徒の失踪事件 解説と考察

f:id:reni99:20180524080748j:plain

 

【解説】
知的障碍者施設から失踪し、6ヶ月間行方不明となっていた女生徒が半年後、山中で遺体となって発見されるという怪談めいた話。
本文でも語られていたが、疑問なのは6ヶ月もの間、どこにいたのかということ。予測できるのは下記の2点。
・拉致などの犯罪に巻き込まれた
・異世界に迷い込んでしまった

【考察】
20年前とはいえ、日本の警察は世界一優秀な集団。
未解決事件となる事は非常にレアケース。ましてや誘拐事件となればなおさら。
誘拐事件でないとなると、本文で盛んに出てくる「サ〇〇」という言葉。ネットで予測されているが、「避け地」ではないかと思われる。

【避け地とは】
神隠し伝説などがある一種の立入り禁止区域。
立入り禁止と言っても法律で定められているわけではなく、言い伝えなどで「あそこに行くと帰れなくなる」と語られる忌み地。避け地は「異世界の集落に繋がっている」とされる場合がほとんど。

偶然に失踪した女生徒が未知の避け地に足を踏み入れてしまい、異世界集落に行ってしまったというのが地元の人たちの見解と語られ話は終わっている。
20年前とはいえ、現代に神隠しとは時代錯誤だが、きさらぎ駅に代表されるように異世界へ行った人の話がとても多く報告されているところから予測して、このような事がないとも言い切れない。
異世界への入り口ははあなたのすぐ近くにあるのかも知れない・・・