不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

現代の迷い家浪漫!世田谷区で目撃される幻の洋館

謎の洋館を見かけたが、たどり着けたのは一度きりで二度と訪れる事はできなかったという話は全国にたくさんあります。ちびまる子ちゃんにも「まる子 まぼろしの洋館を見る」という回があり、謎の洋館を探検している。このエピソードはさくらももこの実録と言われている。

今回の話は、世田谷に現れるという謎の洋館の目撃談です。

前回記事はこちら。

www.decoration.tokyo

世田谷区に現れる幻の洋館

f:id:reni99:20180509082840j:plain

「すいません、この辺に洋館があるのですが、どこか知りませんか?」

買物途中、私の母は呼び止められた。
振り返ると老紳士といった雰囲気の人が立っていた。
彼はこの近所にあるという洋館を探していた。
彼から聞いた話をまとめると、その洋館は「思い出のマーニー」に出てくる湿地屋敷みたいな感じらしい。
いかにも洋館といった感じの立派な家だそうだ。
しかし、うちの近所でそんな建物に心当たりはなかった。
私の母はあいにく知らないと老紳士に言った。
老紳士は残念そうにどこかへ行ったという。

私が住んでいるのは世田谷区で、たしかに屋敷町もある。
しかし、それは成城等の高級住宅街の話で、うちの近所ではなかった。
私の父は生まれたときから今の家に住んでいるから、母はかつて近所に洋館があったかどうか聞いてみた。
が、半世紀以上住んでいて聞いたことすらない、と父は言った。
昔、世田谷の大半は、畑や養豚場ばかりの田舎だったそうだ。
実際、古い家は和風の一戸建てが多い。
洋館ではなくサザエさんに出てくるような家だ。

私は近所の年配者何人かに聞いてみたが、やはり誰も知らない。
しかし、雑貨屋をやっている人は言った。
「そういや、以前似たようなことを聞いてきたオッサンがいたわ」
雑貨屋さんも心当たりがないので、母と同じく知らないと答えたが。
「この辺りのはずだけどねえ」とオッサンは言っていたそうだ。

その洋館が気になった私は、散歩ついでにそれらしき建物を探してみたが、そんな建物を近所で見つけることが出来ないでいた。

大学に行っていた時、区内に下宿していた友人から興味深い話を聞いた。
「自転車で探検していたら迷子になったよ」
「おまえの家の周りって迷路みたいだな」
「同じような住宅街、似たような家ばかり、何時間も迷ったわ」
そりゃそうだ。うちの近所に限らず世田谷はそういう街だ。
土地勘がなければ迷う。道はかなり複雑かつ似た場所ばかりだ。
何十年住んでいる区民でさえ、居住エリアから外れれば迷子になる。
「そういや、すげえセレブっぽい家を見たよ」
「やっぱ世田谷って金持ちが多いのだな」
「漫画に出てくるみたいな洋館で・・・」
その話を聞き私はハッとした。
友人に洋館の詳細を訊ねてみた。
突然の事に面喰っていたが、友人は洋館について話しだした。
「石造りの塀に囲まれていて、立派な鉄柵の門がある」
「表札とかポストは記憶にないな」
「暗くて庭はよく見えなかったが、木が何本か生えている」
「建物の所々にツタが絡まった洋館で、古めかしい感じ」
「オレンジ色の明かりが窓からあふれ、とても美しい家だな」
「住人はまったく見えなかったが、空き家ではなさそうだ」
以前、老紳士が母に尋ねた洋館と特徴が似ている。

私は友人に洋館の場所を問いただしたが、迷っていた最中は似た場所をぐるぐる回り続けていたから正確な場所なんて分からないと言われた。
しかも、友人は地方から出てきたばかりで土地勘がない。
ただ、私の家の近くの大通りに出たので、私の家の近くだろうと言った。
私や近所の人は例の洋館を見たことがないのに、引っ越してきたばかりの友人はみたのだ。

現在、大学を出て何年か経った。
私は世田谷の実家に住み続けている。
だけど、例の洋館をまだ見つけていない。

他にも洋館を見た人がいるのか?
訪ねてきた人は中まで入ったのか?
もし中に入ったなら住人に会ったのか?
中で何があったのか?
住人はどんな人なのか?

気になるけれども分からない。

今まで洋館を見た人は、全員他所から来た人だ。
ひょっとしたら地元民には見えないのかもしれない。
そんな不思議な物、にわかに信じがたいけれど・・・

区外から世田谷に来た人が、荘厳な洋館をみたならば、ひょっとしたら例の洋館かもしれませんね。

参考:ほんのりと怖い話スレ その107

 

世田谷区に現れる幻の洋館 考察

f:id:reni99:20180509084305j:plain

有名な遠野物語に「迷い家」として山中に突如出現する幻の家が登場する。

【遠野物語の迷い家】

・立派なお屋敷

・家の中には誰もいないが人がいる形跡はある

・1つだけ家の中の物を持ちだすことを許可されている

※何も持たずに帰った場合は後日思わぬ形で入手する

・迷い家を訪れた人は富を得るが、欲に任せてに再訪しようとすると富をすべて失う

【今回の話の洋館】

・古く格式高い雰囲気の洋館

・明かりがついていたので人が住んでいると思われる

※住人は目撃されていない

・地元民ではない人が世田谷を訪れた時に見かける

洋館と日本屋敷、都会と山中など色々違いはあるが、迷い家と今回の洋館の話はとても似ていることが分かる。また、「世田谷区に住んでいる人以外が、世田谷を訪れた時にのみ見ることが出来る」と話の主人公の大学生は考察している。

今回の話は都会の「迷い家」であった可能性が非常に高い。