不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

時空のおっさんまとめ 誰もいない商店街の怪

今回は魚屋さんを営んでいる家の子供が体験した物語。

商店街のど真ん中という、比較的賑やかな場所で異世界に迷い込み、どのように帰還したのかが語られています。

それでは、「誰もいない商店街の怪」本編をお楽しみください。

朝起きたら異世界だった 誰もいない商店街の怪

f:id:reni99:20180412083137j:plain

確か俺が8歳ぐらいかな?
俺の家は商店街の魚屋で年中無休で営業してたんだ。

でもその日目覚めたら、家に誰もいなくて店を閉めてるわけでもないのにほんとに誰もいないわけ。
俺は「客が来たら大変だ」と思って一人で店番してたんだそしたらすぐに異変に気付いた。
時計見たら朝の9時ぐらいなのに店の奥の家の入口から見る。
外の景色を見ると朝の明るさが感じられないっていうか、簡単に言うと夕方でもなく、なんていうか グレーの夕日。
オレンジな明るさがまったく感じられないっていうか。

10分ぐらい店番してて気付いた。さっきから一人も店の前を通っていない。それに気付いたら今まで音が聞こえない事にも気付いたんだ。
ほんとに怖くなって、リビングの冷蔵庫にもたれかかって座ってたんだ。
音が聞こえないのが気持ち悪いのでテレビをつけることにしたんだけどどの局も砂嵐のザーッってなってて、そのザーって音もしない。

当時ビビりだった俺は、直感的に「幽霊が近くにいる!」みたいな事を思ってすぐに家を出たんだけど、商店街なのに誰もいない店は全部開いてるのに声も聞こえない。

歩いてるとおじさんがいた。

走って駆け寄っておじさんのシャツに捕まって泣きついた。

「なんでここにいる?」
「他に誰にも会ってないか?」

とか聞かれてわけもわからず首を横に振った。
「ここは俺の地域じゃないんだけどなぁ」
おじさんは明らかに困ってた。

「仕方ない,おじさんが助けてあげるから目を閉じて3つ数えて」
言うことを聞いて目を閉じた。
頭痛が消えた感じがしたので3つ数える途中で目をちょっと開けてみた。
真っ暗だった ほんとに真っ暗。
おじさんのシャツをつかんでたはずなのにおじさんはいなかった。


気づくと冷蔵庫の前にいた。
母が「あれ?今あんた二階にいたじゃない いつ降りて来たの」
俺は安心してそれどころじゃなかった。

参考:NAVER まとめ

 

誰もいない商店街の怪 解説の考察

f:id:reni99:20180412084549j:plain

【解説】

時空のおっさんの定番みたいな話だが、おっさんは感じが良く「管轄外」であったにも関わらず助けてくれたという内容となっています。

・異世界突入契機不明

※朝起きたら異世界だった

・時空のおっさんが感じが良い

・朝なのに太陽が夕日のよう。しかも夕日がグレー

「ここは俺の地域じゃないんだけどなぁ」 という言葉から異世界がいくつかのブロックに分かれている事が読み取れる

【考察】

朝起きたら誰も人がおらず、音がまるでしない世界に迷い込んでいた。朝9時くらいなはずなのに太陽がまるで夕日のようだが、色はなくグレーの夕日。テレビをつけても砂嵐。商店街を彷徨っていると時空のおっさんと思われるおじさんに遭遇し助けてもらったという、何とも奇妙な内容ですね。

「俺の地域じゃない」

と時空のおっさんが語ったところから考察し、異世界にはいくつかのブロックが存在し、複数の人で管理されている事が分かります。

誰が何のために異世界を作ったのか。時空のおっさんの本当の役割とは?

謎が深まるばかりです。