不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

10円玉にソースをつけると綺麗なぴかぴか状態になるのはなぜ?自由研究に最適!

英雄伝に続いて今回から新シリーズという事で、身近にある不思議について色々と取り扱うコーナーを作ります。世界の不思議とか都市伝説も面白いけど、身の回りに存在する小さな不思議も気になりますよね。

第一回目は学生の頃に遊んだ覚えのある「10円玉の不思議」です。

 

10円玉にソースをかけてみよう!

f:id:reni99:20180219080658j:plain

10円玉にソースをかけるとどうなるか、知っていますか?

答えは「一瞬でキレイになる」です。

小学生や中学生の頃に一度はやってみたという人も多いと思うけど、改めてやってみると面白いものですよね。

【やり方】

1.黒くなっている10円玉を用意する

2.ソースを垂らして30秒から1分放置

※長時間放置すると失敗するので時間の見極めが重要です

3.水で洗い流すと不思議、黒くなっていた10円玉が綺麗になっています

実際にやってみた

f:id:reni99:20180219081119j:plain

分かりやすいようにセロハンテープで10円玉を半分くらい絶縁し、片方のみ綺麗にしてみます。さっとソースを垂らして30秒から1分以内という絶妙な時間放置し洗い流します。この時、汚れが浮いてくるので手でこすってあげると10円玉の汚れがはがれてより効果的です。

f:id:reni99:20180219081338j:plain

セロテープをはがして結果を比較して見ましょう。

ソースを使って磨いた側は一目瞭然。光沢感は失われたままだけど、とても綺麗になっています。やり込んでいくと、タイミングを掴み、綿棒で磨くことにより光沢感をある程度まで復活させることも可能です。

コツはソースをつけすぎない、長時間やらない事。実験を始めるとつい欲張ってやりすぎてしまうのが心理だけど、あえて短めの時間でやってみてタイミングを掴むようにしましょう。

【理論編】10円玉にソースをかけるとなぜ綺麗になるのか?

f:id:reni99:20180219082120j:plain

10円玉の主成分は銅です。正しくは銅95%、残りはスズや亜鉛で調整されています。元々銅と言うのは画像のやかんのように、金色を思わせる美しい輝きを放つ金属です。10円玉も例外ではなく、綺麗な光沢感のある10円玉を一度は見たことがあると思います。それでは、なぜ黒い10円玉が一般的なのか?

銅は酸化に弱い金属で、空気に触れたり、人の手に触れることによりサビが進み、酸化銅へと変わってしまいます。これ自体が一種の化学反応ですね。つまり、黒ずみの正体はこの「酸」だったのです。

ソースをかけることにより10円玉が綺麗になるのは、ソースの酸が10円玉表面に付着している酸に結びつくことにより酸化銅が剥がれ落ちることにより起きる現象です。

これは中学校の理科で習う「還元反応」です。

この実験は10円玉とソースがあればだれでもできます。ソースをつける時間により汚れの落ち方も変わってくるので小学生や中学生の自由研究には最適の実験です。また、大人も童心に戻って遊んでみるのもよし、また、子供相手にこの実験を披露すれば大うけ間違いなしです!