不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

地球は温暖化?寒冷化?強烈な寒さをもたらす2つの原因

きつい寒さに見舞われ各地で観測史上最低の気温を更新した日本列島。強力な寒さは一段落したとはいえ、通常の真冬日に戻った程度。

現在の地球は温暖化の危機に瀕しており、このまま気温が上昇し極地の氷が解け続ければ海面はさらに上昇し、モルディブ共和国などは水没すると言われています。

「なぜ地球は温暖化しているのにこんなに寒いのか?」

誰しもそのような疑問を持つと思います。今回はそんな不思議を調査しました。

 

寒さをもたらすメカニズム ラニーニャ現象

f:id:reni99:20180213080834p:plain

南米ペルー沖の海面温度が低下することにより発生する異常気象の1つです。その原因は東風(貿易風)が強まる事により暖かい海水を押し流し、深海の冷たい海水が上昇することにより海水が冷たくなります。

つまり、貿易風が強すぎで温かさをすべて押し流してしまい深海から冷たい水を呼び込み、海面が冷たくなると言われます。

画像出典:気象庁 | エルニーニョ/ラニーニャ現象とは

日本への影響

f:id:reni99:20180213082617j:plain

ラニーニャが発生すると、日本列島は西高東低の冬型気圧配置が強まり強烈な寒さに見舞われます。それにより寒気が流れ込みやすくなり幾度となく最強寒波を呼び込んでしまい、今年のような厳しい寒さとなります。ラニーニャの発生原因と気圧配置への影響はまだ完全に解明されていないが、おそらくこのようなメカニズムだろうという事が予測されています。

地球温暖化なのになぜ寒い?

f:id:reni99:20180213083438j:plain

極地の氷が解けることにより、気流に影響が出ている事が明らかになりつつあります。氷がなくなってしまうと、夏に海水から放出される熱が遮断されなくなり、北極の気圧が高くなります。そのためジェット気流が弱まり、そのため北極の強烈な寒気が人の住む地域へ到達してしまうことにより世界的に寒くなってしまうというもの。

簡単にまとめると、北極の氷が融解しなくなればなくなるほど北極の気圧は高まりジェット気流が減ってしまい、寒気がユーラシア大陸、果ては日本列島にまで到達し強力な寒さをもたらす原因となる。

結局地球は寒冷化なのか、温暖化なのか?

ラニーニャ現象にせよ、地球温暖化起因による北極の氷減少による気流変化にせよ、詳しい原因はまだ特定できていません。「近年の冬は異常に寒い」という事実だけが存在しているような状況となっています。

いずれにせよ、我々に出来る事は二酸化炭素の排出を削減し地球温暖化を食い止める事だけです。極地の氷が解けることがなくなれば水没の危機に瀕するモルディブ共和国や、水没が予測されている陸地を救う事が出来るだけではなく異常気象をも止めることが出来ます。

強烈な寒さは、人類存続のための地球からの警告と受け取る必要があり、地球温暖化対策にすべての人類が取り組むべきなのかもしれません。