不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

洒落にならないほど怖い話 「犬鳴村」真相を徹底究明

杉沢村と並んで人気の高い都市伝説「犬鳴村」。

完全な廃墟となっている杉沢村に対して犬鳴村は住人が住んでおり、近づく者を問答無用で襲撃するという恐怖感を演出している「怖い話」です。

今回は犬鳴村の真相に迫ります。

 

洒落にならないほど怖い話 犬鳴村伝説

f:id:reni99:20180202081212j:plain

怖すぎる心霊スポットとして有名な福岡県の犬鳴峠にほど近い場所に位置する謎の集落。ネットで噂が噂を呼び犬鳴峠旧トンネル付近は好奇心からの探検やヤンキーの肝試しスポットとして毎日のように人が集まっています。

旧トンネルの写真もあるけど本気でヤバいので犬鳴峠にある別の廃墟の画像を使います。

【ネットでささやかれている噂】

日本国憲法が通用しない村

犬鳴旧トンネルに強引に突入するか、わき道を進み、トンネルに先にあるという謎の村。村の入り口には「この先は日本国憲法は一切通用しません」と言った内容の看板が立っている。

入ったら命の保証はない

村の入り口にはまるで忍者屋敷のような罠が複数敷かれており、侵入者を察知できるようになっている。村人に察知されると鎌を持った住人が問答無用で襲撃してくる。日本国憲法が通用しないので襲撃を受けても文句は言えない。

ボロボロのセダンが置いてある

とあるカップルが興味本位で村に近づいてしまい、村人に殺され車は無残に破壊された名残のセダンが村の広場のような場所に放置されているという。

差別を受けて完全孤立した村

村は古い時代から差別を受けており、外部の人間とのかかわりを一切絶ち、まるで縄文時代のような自給自足で生活している。それゆえ、村内の近親結婚を繰り返すことになってしまい村人たちは狂暴化したという。

犬鳴村 真相究明

f:id:reni99:20180202082444j:plain

上記で犬鳴村についてのストーリーを紹介しました。現地に行けばわかるけど、このストーリーにはいくつもの無理があります。

無理1 旧トンネルの先に行く

霊感が全くない人でもあの邪気は誰でもわかります。それゆえあの場所に長時間滞在することはできません。そういうものを一切感じない人でも犬鳴旧トンネルは完全に閉鎖されており突入は不可能。もちろん先に行くわき道もありません。

無理2 日本国憲法が通用しない

日本と言う国は綺麗に統治されているのでそんな怪しい自治区は存在しないというのが一般的でしょう。おまけに今はGoogleMAP等の衛星写真サービスが一般化しているので簡単に場所が割れてしまいます。

無理3 ボロボロのセダン

犬鳴旧トンネル付近は車で入れる場所ではありません。ましてや村があるとされている位置に車で入る事は絶対不可能です。そんな場所にセダンを誰がどうやって運んだのか。また、消えたカップルがいたら事件になるはずだけど、そんな事件は聞いたこともない。

実在する可能性

犬鳴峠周辺はとにかく異常な場所。昼夜問わず怪奇現象が頻発し探検に来る人が後を絶たない場所です。「元々の高い邪気」「有名心霊スポット」という特徴があれば特異点となりえます。

この世界とは少し違う謎の空間が存在することはネットで良く噂されており管理人の個人的意見では、間違いなく存在します。そう、きさらぎ駅のように・・・。

そのような特異点に村がある可能性は捨てきれません。

また、犬鳴峠付近にはかつて村が存在し、現在はダムの建設により水没しています。村の名前の犬鳴村と言う名前ではありませんでした。

激しい差別を受けていたという事実も一切なく、そのような文献も存在しません。

犬鳴旧トンネル付近はフェンスが設置され「この先通行禁止」と書かれた看板があります。心霊スポットという異常な雰囲気とこの看板がマッチしてこのような「怖い話」が生まれたと考えるのが一般的ですね。

しかし、特異点として村が存在するのであれば様々な偶然が重なり恐怖の村へいざなわれる可能性はないとは言えません。興味本位で決して近づかないように・・・