不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

まるでアルプスの少女ハイジの世界!スイスが誇る鉄道世界遺産 レーティッシュ鉄道アルブラ線

2008年に世界遺産に登録されたアルヴェラ、ベルニナ地方にレーティッシュ鉄道の2本の路線がとおっています。1904年に開業したレーティッシュ鉄道アルブラ線はトゥジスからサンモリッツまでの67km、42のトンネルと、144の高架橋と橋があるとても印象的な構造を特徴としています。
息をのむほどの美しさを誇る鉄道はまさに世界遺産にふさわしいものですね。

f:id:reni99:20171207225535j:plain

教会と古い時代に建てられたと思われるタワーが丘の上にそびえる小さな村と言った雰囲気ですね。何となくアルプス山脈とわかる山々に覆われているのも特徴です。

f:id:reni99:20171207225737j:plain

f:id:reni99:20171207225749j:plain

高原を突き進む列車。ハイジが寝転がっていそうな雰囲気が美しい。

 

レーティッシュ鉄道アルブラ線

f:id:reni99:20171207225952j:plain

レーティッシュ鉄道アルブラ線は1900年代から続く山岳鉄道であり、その景観の美しさと技術の高さを称え、「レーティッシュ鉄道アルブラ線とベルニナ線の景観群」としてユネスコより2008年に世界遺産として認定を受けました。

f:id:reni99:20171207230416j:plain

鉄道の世界遺産と言うのはとても珍しく、レーティッシュ鉄道アルブラ線以外では東アルプスを走るオーストリアの「ゼメリング鉄道」とインドのヒマラヤ山脈をを走る山岳鉄道「インドの山岳鉄道群」、ハンガリーの「ブダペスト地下鉄」の4つしかありません。

f:id:reni99:20171207231001j:plain

らせん状の高架橋がとても印象的です。

ベルニナ急行

f:id:reni99:20171207231200j:plain

ベルニナ急行は標高1800mもの高さを走る鉄道で、一般的な機関とレールのみでアルプスを越えることが出来る鉄道です。その技術力の高さは世界随一です。

ベルニナ急行のもう1つの特徴は国境を越えているという事。スイスからイタリアまでを結んでおり、「国境を越える世界遺産」と称されている。

f:id:reni99:20171207231741j:plain

海抜2,253メートル(7,392フィート)の高さを通るベルニナ急行はヨーロッパで最も高い場所を通る鉄道です。また、世界で最も険しい場所を通る鉄道としても知られており、最大7%の傾斜を誇っています。

f:id:reni99:20171207232042j:plain

4000m級のアルプスを突き進み、まるでアルプスの少女ハイジの世界に入り込んだかのような美しい景観を見ることができ、スイスでは人気の観光ルートとなっている。

via:A World Heritage Site Railway Route through the Swiss Alps

車窓からは素晴らしいアルプスの風景を見ることが出来るので、鉄道マニアはもちろんのこと、世界中から観光客が絶えない名所でもあります。スイスと言えばアルプスを連想すると思うけど、レーティッシュ鉄道アルブラ線に乗れば車窓からアルプスの景観を眺めることが出来る上に世界遺産の鉄道にも乗れてしまうというまさに一石二鳥の観光コースですね。

関連サイト:レーティッシュ鉄道公式HP

世界遺産ではないけど、ロシアの地下鉄も素晴らしいので参照してみてください。

 

www.decoration.tokyo