不思議なび

世界の果てまでエア冒険!不思議ちゃん管理人による不思議大好き謎解き冒険ブログ

閲覧注意!鬼門を開ける方法を検証してみた

あなたは鬼門を開ける方法と言う都市伝説を読んだことはありますか?ネットでささやかれている怪談話で、これを実行した人が原因不明の事故にあったと続く場合もあります。

 

鬼門を開ける方法

f:id:reni99:20171128230107j:plain

1.秋葉原駅から日比谷線に乗り、茅場町駅で降りてホームを八丁堀方面に行くと、鉄格子の下に塩がおかれてるので、それを足で蹴散らす。

2.東西線に乗り換え、高田馬場駅で降りてホームを西武新宿線乗り換え方面に行くと、鉄格子の下に塩がおかれているので、それを足で蹴散らす。

3.もう一度東西線で茅場町駅で降りて改札をくぐり、4a出口の階段の下に米を10粒たらす。

4.日比谷線の茅場町駅に乗り、築地駅で降りてホームを築地本願寺方面に行くと、鉄格子の下に塩がおかれているので、それを足で蹴散らす。

5.日比谷線に乗り、目を閉じてあなたが一番したいことを考えながら
手を組んでそのまま乗っていてください。

via:NAVER まとめ

検証結果

f:id:reni99:20171128230713j:plain

高田馬場駅なら行く機会も多いので東西線から西武新宿線方面をくまなく探索してみたけど鉄格子の下にあるという結界は見当たりません。捜索範囲を高田馬場駅全体に広げて注意深く探してみたけど影も形もありませんでした。

こうなったら一番駅に事情に詳しい駅員さんに取材するしかないですね。駅員というのは車掌や運転士と並んで人気の仕事だけにとても感じが良いものです。電車に関連する仕事は男の子の憧れだからね。

聞いてみた結果・・・「ん?そういうものは知りませんね」とにこやかに回答していただきました。有名な都市伝説だけに駅員さんも聞かれ慣れているといった雰囲気でした。

そもそも鬼門とは何か?

f:id:reni99:20171128232928p:plain

北東の方位のことであり、陰陽道の考え方の1つ。鬼が出いるする法学と考えられ古い時代にはこの方位は嫌われており鬼門の方位に家の出入り口を作る事はなかった。事情で鬼門の方位に出入り口を配置することになった場合は封印を施す必要があった。

香港の気学風水でも鬼門と言う方位は呪われた方位とされ、風水盤を読み旅行に出る際はこの方位と重ならないように計算しています。なお、風水に於いては鬼門は固定方位ではなく、毎年変わる。

なお、鬼門などの悪い方位を避けて良い方位に出かけて波動をチャージすることを風水では「陽気取り」と呼び、一般的に言われている家相開運とは少し違うものになります。

結論

今回、結界を見つけられなかったのは秋葉原から茅場町に行くという最初のステップを飛ばしたからという可能性もないとは言えません。正しくステップを踏むことで、何らかの原因で異世界に迷い込むのだとすると、完全に嘘とは言い切れないのかもしれません。

しかし、鬼門の封印は鏡やエネルギーの強い石などの媒体に呪術をかけて神社の神主やお坊さんなどが封印することが一般的です。塩は結界の本体ではなく補助的に使われるものなので、媒体を破壊しない限り封印が解けるという事はないはずです。

なお、姉妹ブログ「夢と魔法のハッピーライフ」では今回の鬼門を開ける方法と同じく有名な「異世界に行くエレベーター」を検証しています。

 

www.mahorovacation.tokyo