不思議なび

世界の果てまでエア冒険!不思議ちゃん管理人による不思議大好き謎解き冒険ブログ

ジブリ映画「紅の豚」のモチーフ、世界遺産 ドゥブロヴニクの旧市街

東京から9460キロほど離れたヨーロッパに位置するクロアチア共和国。アドリア海を挟んでイタリアにほど近い場所にあります。

親日国としても有名で、大震災の時に黙とうをささげていただき、6千万円以上の寄付をしてくれました。

そんなクロアチア共和国の世界遺産「ドゥブロヴニクの旧市街」はジブリ映画「紅の豚」のモチーフになった場所として有名です。

 

世界遺産 ドゥブロヴニクの旧市街

f:id:reni99:20171125233702j:plain

f:id:reni99:20171125233837j:plain

「飛ばねえ豚はただの豚さ・・・」

ポルコが赤いプロペラ機に乗って今にも飛んできそうですね。世界遺産に登録されているドゥブロヴニクの旧市街は中世のヨーロッパ建築の街並みが色濃く残る風光明媚な港町です。市街地が世界遺産登録されているので見どころもたくさんあります。

f:id:reni99:20171125234116j:plain

オノフリオの大噴水。

ドーム型の噴水が特徴的ですね。ポルコが歩いていても違和感全然ないですね。

f:id:reni99:20171125234255j:plain

海に面する美しい中世都市なので、どこかドラゴンクエストのような雰囲気もあります。今にも勇者が魔王との戦いの旅に出発するために出てきそう・・・。

f:id:reni99:20171125234449j:plain

こちらはプラツァ通り。海上からの敵の襲撃に備えるために建てられたと思われる監視塔が多数あります。

f:id:reni99:20171125234601j:plain

スポンザ宮殿。

夕方になると趣が変わりますね。

f:id:reni99:20171125234659j:plain

その気になればスポンザ宮殿だけで1記事作れてしまいそうなほど美しく心を打つ建築ですね。王様に謁見するために勇者が入ってきそうな雰囲気が漂っています。

劇中の雰囲気が漂う路地裏

f:id:reni99:20171125234856j:plain

ドゥブロヴニクの旧市街は歴史の古い街なので、路地裏がとても入り組んでいる事で知られています。

f:id:reni99:20171125234953j:plain

この雰囲気は隣国イタリアのナポリに良く似ていますね。紅の豚の劇中にもこのような路地裏が出て来ましたね。

f:id:reni99:20171125235121j:plain

まるでゲームの世界のよう。勇者が情報を求めてふらりと入りそうな酒場ですね。

f:id:reni99:20171125235229j:plain

風光明媚な街並みは夜になると本領を発揮しますね。ナポリの夜景にどことなく似ています。

ナヴァイオビーチ(ギリシャ)

f:id:reni99:20171125235538j:plain

ところ変わってこちらはギリシャ。紅の豚と言えばこの秘密基地のシーンが印象的だと思います。

f:id:reni99:20171125235645j:plain

ビーチ内には古い廃船が放置されています。劇中さながらの臨場感ですね。

おまけ ポルコのモチーフ

f:id:reni99:20171126000017j:plain

紅の豚の主人公、ポルコのモチーフは一次大戦で活躍したドイツ帝国空軍の軍人マンフレート・フォン・リヒトホーフェン大尉と言われています。

f:id:reni99:20171126001125p:plain

スヌーピーの撃墜王もレッドバロンをモチーフとしています。

f:id:reni99:20171126000204j:plain

赤い飛行機を自在に操るエースパイロットとして知られる伝説の撃墜王で「レッドバロン」の二つ名を取る英雄です。レッドバロンはスヌーピーの撃墜王やガンダムの「赤い彗星」シャア・アズナブルなど、数々のアニメのモチーフとなっています。

レッドバロンは残念ながら戦死してしまったけど、撃墜王の伝説は今も生きています。そして、一次大戦のような空を舞台にした大戦争はもう起こりえないのでレッドバロンの撃墜記録は抜かれることがないでしょう。

ナポリの記事は下記を参照してください。

 

www.decoration.tokyo