不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

森林の中に消えた廃村 2つの美しい木造建築(ロシア)

ロシアの首都モスクワより北東におおよそ550キロのところにコストロマ州という古都があります。その歴史はとても古く、1152年にさかのぼり、キエフ大公ユーリー・ドルゴルーキーと言う人物により街が作られたという説が有力となっている。

その後、13世紀ごろにロシアと統合し現在に至っています。

そんな古都、コストロマの森林の中にひっそりと眠る廃村があります。村の建物のほとんどは消えてしまったけど、2つの建物だけが現在残っており比較的良好な保存状態にあります。

f:id:reni99:20171105231515j:plain

f:id:reni99:20171105231551j:plain

 

この建物は教会であり、画像がロシアの有名な建築雑誌に掲載され、有名な建築家イヴァン・パブロービックの建築であることが分かりました。

f:id:reni99:20171105232725j:plain

f:id:reni99:20171105232747j:plain

f:id:reni99:20171105231950j:plain

f:id:reni99:20171105232234j:plain

しかし、村は1950年代には放棄され、何十年も人々の記憶から忘れ去られてしまいます。この教会もまた、神父家族が家財道具と一緒に出て行き放置状態となりました。その後、村には木が生い茂り森林となり村は地図から消えたという。

f:id:reni99:20171105232247j:plain

2つ目の家はさらに保存状態が良く、内部も綺麗に残っています。

家の主は農業を営んでおり、この家は農家であったという。

f:id:reni99:20171105232453j:plain

見た目だけでは一見廃屋であるとは思えないですね。木造建築も完璧に残っており少し手を加えれば人が住めそうです。周囲の緑も綺麗に手が入っていることから予測して、地元の人が管理しているようですね。

f:id:reni99:20171105232615j:plain

f:id:reni99:20171105232642j:plain

f:id:reni99:20171105232653j:plain

内部はとても綺麗に残ってはいるけど、当時を忍ぶ家財道具などは残っていない様子です。生活の痕跡をうかがい知る事は出来ないけど保存状態が素晴らしいですね。

 

f:id:reni99:20171105232847j:plain

f:id:reni99:20171105232904j:plain

村は森林の中に消えたけど、再び発見されある程度管理が入っていることが画像から伺えます。現在もひっそりと2つの美しい木造の建物は森林の中で眠り続けています。