不思議なび

世界の果てまでエア冒険!不思議ちゃん管理人による不思議大好き謎解き冒険ブログ

時を止めたような光景 伝説の聖地 石の滝

世界の果てまでイッテQで取り上げられた石の滝このイエルべ・エル・アグア。なんか呪文みたいな言葉だけど、スペイン語で「沸騰する水」と言う意味を持っています。

ここは、世界の果てまでイッテQで語られた通りサポテコ族と言う部族の聖地でり、その歴史は2500年前にさかのぼります。

 

石の滝のあるオアハカ

f:id:reni99:20171102220722j:plain

首都メキシコシティからバスで9時間ほどの場所にある街で、オアハカ州の州都。人口はおおよそ50万人と比較的大規模な都市です。

メキシコと言えば治安が悪い事で有名で、トランプ大統領が「万里の長城を作る。もちろん費用は向こう持ちだ!」と宣言するほどだが、オアハカは思った以上に治安が良く、観光客が夜に一人で出歩いても問題ないレベルだという。

観光が盛んな地域であり、観光地はイエルべ・エル・アグア以外にもオアハカ歴史地区があり世界遺産に登録されている。

伝説の聖地 石の滝

f:id:reni99:20171102220007j:plain

オアハカから70キロの山中に聖地イエルべ・エル・アグアは存在しています。

これを見たら誰もが滝だと思うでしょう。しかし、実査には滝ではなく天然の岩です。スペイン語では沸騰した水だけど、こうして画像を見てみると凍った滝のように見えますね。

f:id:reni99:20171102220152j:plain

f:id:reni99:20171102221558j:plain

イエルべ・エル・アグアが滝であるという認識は間違ってはいません。世界の果てまでイッテQでも紹介されたが、石の滝の上には天然のプールがあります。

f:id:reni99:20171102221655j:plain

水は天然のプールを通り、絶えず下に流れ落ちています。この天然のプールの水は炭酸カルシウムがたくさん含まれており、この水が岩に流れ出た結果、炭酸カルシウムの沈着が起こり、このような石の滝が形成されました。

それは、鍾乳石が洞窟で作られるのと非常に良く似ています。

f:id:reni99:20171102221958j:plain

数千年もの長い期間をかけて、石の滝は形成されました。

炭酸カルシウムを含んだ水が、空気に触れる事により化学反応が起き、岩に炭酸カルシウムが堆積します。

f:id:reni99:20171102222644j:plain

天然のプールでは、炭酸カルシウムを含んだ水を飲むことは出来ないけど、泳ぐことはできます。天然プールは崖の端にあるため落下の危険があり現在は人工的に2つのプールが掘られておりたくさんの人で賑わっています。

水に全然危険はないけど、一番危ないのは落下です。

f:id:reni99:20171102222701j:plain

炭酸カルシウムは滝の表面部分に沈着し、白い色になります。岩の部分には鉄分やミネラルなどを豊富に含んでいます。

何千年もの長い歳月をかけて形成された石の滝、現在も炭酸カルシウムを含む水が絶え間なく天然のプールから供給されているので鍾乳石のような石の形成は今も続いています。

これからも観光地として、そして聖地としてイエルべ・エル・アグアは存在し続けるでしょう。

via:Hierve el Agua - Mexico’s Freeze Frame Falls ~ Kuriositas

 

 

世界の果てまでイッテQの放送分HPはこちら。

yattarou1001.com