不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

美しくも哀愁漂う放置された難破船

時代は様々違えど、地球上の海岸線にはたくさんの難破船が放置されています。華々しく航海に出発した船舶は何らかの事情により座礁してしまい、放置状態となってしまったものや、戦艦のように撃沈された沈没した船も多数存在します。

海岸に放置された船舶は潮風で腐食しボロボロに錆びています。その錆び具合がはかなくも美しくも画像を、サイドストーリーと共にお届けします。

 

放置された船舶たち

f:id:reni99:20171026215044j:plain

1974年に作られたというこの船の目的は、極地を航海することでした。2000年にはサンフランシスコに停泊していたが、設計上の大きな問題があった。それゆえ、極地航行を諦め放置状態になり現在に至っているという。

f:id:reni99:20171026215417j:plain

この船はイギリス船籍で、ニューカッスルで建造されました。しかし、この船を所有する船会社の財政は厳しく、経営破たん後、ギリシャの浅い湾内に放置され現在は完全に転覆してしまっている。

f:id:reni99:20171026220516j:plain

こちらはギリシャ船籍の船。砂糖の輸送船だったが暴風雨に巻き込まれタンカーに衝突し沈没した。

f:id:reni99:20171026220740j:plain

1939年に作られたこの船は、建造当初は客船であったが、後に軍艦となります。戦後、持ち主が点々と変わり最終的にはタイの会社が海上ホテルとして使うことになったが、1993年にタイへ出発した時に座礁した。カナリア諸島付近で現在も放置されています。

f:id:reni99:20171026221052j:plain

1950年に建造されたこの貨物船は、船を固定していない時に流されてしまいこのような姿になったという。

f:id:reni99:20171026221245j:plain

f:id:reni99:20171026221259j:plain

商業船オリンピアの残骸。1979年に海賊に奪われ、アモルゴス島の湾内へと引きずり込みそれ以来放置状態となった。現在はランドマークとなり船を見に来る人も多いという。

f:id:reni99:20171026221537j:plain

1952年に建造されたポーランドの船。ソ連の軍用船として運用されていたが、2004年にカリブ海で放置状態となり現在に至っている。こちらも観光客に人気があり船を見に来る人が絶えない。

f:id:reni99:20171026221751j:plain

こちらも軍用船。2度の世界大戦を生き延びた船だがニューギニアへ向かう途中に衝突し沈没した。

f:id:reni99:20171026221937j:plain

1942年に建造された貨物船「エヴァンゲリア号」です。1968年に濃霧により座礁し、現在はルーマニア南部に放置されています。保存状態が良く、こちらもたくさんの人が見に来ているという。

f:id:reni99:20171026222400j:plain

スペイン船籍の船で「サンタマリア号」と言います。長年活躍した貨物船であったが1968年に座礁してしまいこのような姿となってしまっている。

 

f:id:reni99:20171026222630j:plain

1905年に建造された蒸気船で、この船が今まで紹介したものの中では一番古いです。日本へ向かう途中、嵐に巻き込まれ座礁。オーストラリアのフレイザー島までたどり着き乗組員は全員無事であったが船は放棄された。

11隻の船を紹介してきましたが、完全に朽ち果ててしまっているものから、原型を留めており多くのカメラマンが撮影に訪れる船まで色々ありますね。しかし、潮風が吹き荒れる厳しい環境下にあるため、あと100年もしないうちに完全に朽ち果ててしまうでしょう。

via:12 затонувших кораблей, на которые можно посмотреть без акваланга