不思議なび

世界の果てまでエア冒険!不思議ちゃん管理人による不思議大好き謎解き冒険ブログ

これは驚いた!250倍顕微鏡で砂を見ると素晴らしく綺麗だった

綺麗なビーチの砂浜って本当に真っ白で綺麗ですよね。

定番の海遊びとして、砂で山を作って遊ぶ砂遊びや本格的な砂の立像、砂をかけてもらって埋もれる等。色々わたし達を楽しませてくれる海岸の砂ですが、顕微鏡で覗いてみたら驚愕の事実が判明しました。

実は海岸にあるただの砂はとてつもなく美しかった!

砂を250倍で見てみよう!何が見えるかな?

f:id:reni99:20171003104430j:plain

f:id:reni99:20171003104453j:plain

 

これは!サンゴや貝の化石から石英までたくさんのものが現れました。

砂とは、砕屑物のうち、礫とシルトの中間の物の事で、岩石が浸食され運搬される過程で生じたかけらがさらに粉々になったもののことで、鉱物片を含んでいることもあります。さらに海から打ち揚げられたサンゴや貝殻などが粉々に砕けてまじりあう事により砂浜は形成されています。

f:id:reni99:20171003105038j:plain

f:id:reni99:20171003105027j:plain

f:id:reni99:20171003105109j:plain

f:id:reni99:20171003105319j:plain

via:What Happens When You Magnify Sand 250 Times?

 

砂とはつまり、天然石や鉱物、サンゴや貝殻といったものが粉々に細かくなったのものの事なので拡大してみるとまるで宝石のように輝く天然石や神秘的な化石があるのは当たり前の事です。

海岸に出ると人は眼前に広がる海の雄大さに心を奪われるので足元にある砂の事など遊び道具くらいにしか考えた事がない人が大半だと思います。しかし、こうして顕微鏡で250倍に拡大してみると、砂とはとてつもなく美しく神秘的なものであることが分かります。

顕微鏡は高額なものは数万円単位するけど、組み立て式の簡単なものであれば数千円くらいで購入することが出来ます。あなたも顕微鏡を入手して学者気分になり砂の世界を覗いて見てはいかがでしょうか?

自由研究の素材としてとても面白いものになるでしょうし、大人がやっても楽しめるでしょう。