不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

異世界感が半端ない氷河の洞窟

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter 

 

 

ロシアのカムチャツカ半島南部に位置するムトノフスキー火山。火山活動は現在もゆっくりと続いており、最新では2000年に噴火したとされている。

ムトノフスキー火山はとても寒い場所にあり、周辺には氷河が存在している。火山の影響により氷河が暖められ、温水が流れ出した結果、不思議な形の氷河洞窟が形成された。

神秘的すぎる洞窟

f:id:reni99:20170927180950j:plain

f:id:reni99:20170927181117j:plain

これが入口。岩盤の洞窟ではなく、氷土であることがよくわかりますね。流れている川は火山の熱で暖められた温水との事。

 

f:id:reni99:20170927181151j:plain

洞窟を形成している氷河は温水の影響により薄くなっており、太陽光が透けて見える。壁が特に薄いところからは太陽光が差し込みこのような現象を作っている。

洞窟の全長はおおよそ300メートル。あまり長くはありませんね。

f:id:reni99:20170927181407j:plain

f:id:reni99:20170927181424j:plain

f:id:reni99:20170927181759j:plain

湯気や温水に削られた氷河。天井のもこもこ感が何とも異世界感を演出しています。巨大なモンスターに食べられてしまい胃袋の中のような感じもしますね。

f:id:reni99:20170927181940j:plain

via:Unearthly views of snow cave in Kamchatka · Russia travel blog

光の屈折具合によりこのように様々な色に見えるのでしょう。

カムチャツカ半島は今でこそ渡航可能だが、長い間立ち入りが禁止されていた場所なので大規模な開発は行われておらず、雄大な自然が残っている場所が多いとか。世界最大の領土を誇るロシアはやはり凄いですね。