不思議なび

世界の果てまでエア冒険。都市伝説から世界の絶景まで、不思議大好き不思議ちゃん管理人による謎解き冒険ブログ

1908年、明治時代の日本を映した貴重な写真

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

今から100年以上前の話・・・。

アーノルド・ジェンスというドイツ人のカメラマンがいました。ジェンス氏は生まれはドイツだが、のちにアメリカに帰化してアメリカ人となりました。

ジェンス氏は1908年(明治41年)に来日し、半年間も日本に滞在し、日本人の暮らしぶりや町並みの風景などの撮影を熱心に行いました。その数は2万枚以上とも言われているので、とても親日家であったことがうかがえます。

我々日本人ですら明治時代の写真など見たこともないという人が多いと思います。今回はジェンス氏の撮影した貴重な日本の写真を紹介します。

 

 

1908年の日本

f:id:reni99:20170924220539j:plain

f:id:reni99:20170924220550j:plain

ジェンス氏が来日し、撮影を行うのは決して簡単な事ではありませんでした。日本政府より写真撮影の公式許可を得てはいたが、軍事基地周辺や皇居周辺等の撮影は厳しく制限を受けた。

将校による監視もついたという。

f:id:reni99:20170924224718j:plain

神社と思われる建物の入り口に石段、そして立ち並ぶ日本家屋がまるで時代劇のセットのようですね。しかしこの写真はわずか100年前。たったの100年でここまで生活は変わってしまうものなのだと教えられます。

f:id:reni99:20170924225003j:plain

 

f:id:reni99:20170924225031j:plain

和服をしっかり着こなした人々に商店街の街並み。明治の生まれと言う人はもう今は存在しないと思うので、この時代の事を人から聞くことはできません。

f:id:reni99:20170924225658j:plain

f:id:reni99:20170924225717j:plain

書籍販売所と書かれている看板が映ってますね。当時の本屋がどのような本を販売していたのかまるで想像がつきません。大日本帝国時代なので販売している本も厳しい検閲を受けていたでしょうね。

 

f:id:reni99:20170924230446j:plain

f:id:reni99:20170924230500j:plain

via:100-Year Old Japan, as Seen Through The Lens of Arnold Genthe | Spoon & Tamago

リヤカーを引く人と商店街の様子が映ってます。

ビニール製の屋根がかかっているので現代でいうアーケードのようなものを作っていたようですね。

時代が進み、明治時代の写真を目にする機会というのはあまり多くはありません。当時カメラマンが日本には少なかったうえに、大日本帝国本土は第二次世界大戦時に空爆され写真は戦争の炎とともに消えてしまったものが多いでしょう。アーノルド・ジェンス氏の残した写真はとても貴重な資料ですね。