不思議なび

世界の果てまでエア冒険!不思議ちゃん管理人による不思議大好き謎解き冒険ブログ

エメラルドグリーンに輝く光の王の大神殿!シャー・エ・チェラフ霊廟

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

モスクと言えばイスラム教の神殿であり、丸い形をした建物を思い浮かべると思います。モスクは土色の壁に質素な作りで、仏教の寺院やキリスト教の教会のように派手でなく地味で本当の意味での聖堂だと思われがちです。

一部、ハギアソフィア大聖堂のように巨大で偉大なる建造物としてシヴィライゼーションのような歴史ゲームに登場するモスクも存在するけど、一般的にモスクのイメージは上記のような質素なものと思われがちです。

しかし、世界には度肝を抜くほどの美しさと建築的な素晴らしさを持つモスクはたくさんあります。イランにあるシャー・エ・チェラフ霊廟もその1つです。

イランは現在渡航規制がかかっている上にシャー・エ・チェラフ霊廟は異教徒は入れない聖域なのでエア冒険でその美しさに酔いしれましょう!

美しき神殿 シャー・エ・チェラフ霊廟

f:id:reni99:20170921214355j:plain

f:id:reni99:20170921214916j:plain

とても美しくて派手ですね!素晴らしいのは外観だけではありません。中はさらなら驚きが待っています。なお、普段は撮影禁止だそうです。

f:id:reni99:20170921215049j:plain

f:id:reni99:20170921215102j:plain

シャー・エ・チェラフとは、「光の王」と言う意味であり、数百万ものガラスがちりばめられています。大聖堂は緑色の大理石で壁でつながっており、大きな八角形の支柱で支えられています。

巨大なドーム状の大聖堂内部は無数のガラス細工が天井を覆い、巨大なシャンデリアが飾られています。

f:id:reni99:20170921215842j:plain

f:id:reni99:20170921215853j:plain

f:id:reni99:20170921215909j:plain

via:The Glittering Mausoleum of Shah-e-Cheragh | Amusing Planet

まるで神殿全体が宝石で出来ているかのようですね。派手さと美しさの中に感じる神々しさが、ここが王様の宮殿ではなく聖域であることを物語っています。

シャー・エ・チェラフ霊廟は異教徒は一切入れないというのも、観光地化せずに神殿として神々を祀る姿勢の表れであり、イスラム教徒の信仰の深さが伝わってくるようです。